ワードプレスにおける「ループ」

ループとは、WordPressのデータベースから記事のデータを抽出して表示する機能で、WordPressが自動的に処理を行うメインループと自分で抽出条件を選択するサブループが存在します。

WordPressで自動的にページを生成する上で、ループは絶対に欠かせない存在なのでメインループとサブループに分けて理解しておきましょう。

メインループ

メインループでは、呼び出されたURLなどから自動的にWordPressが必要なデータを判別し表示させるループです。表示させるコンテンツはWordPressが自動で判別するので、TOPページや記事ページ・カテゴリ、タグ、アーカイブページなどで使用します。

~ループ内で表示させたい内容を記述~

『have_posts』という関数を使って記事のデータがあるかないかを判別し、『while』から後で繰り返しの処理を行なっています。

記述の後に、データベースから呼び出したいデータの指示(タイトルやURL・コンテンツなど)を記述し、最後に『』でループの処理を終了させましょう。

メインループで呼び出す記事の数は、管理画面の『設定』→『表示設定』→『1ページで表示する最大投稿数』で指定できます。

サブループ

サブループは、WordPressのデータベースから抽出するデータの条件を自分で指定することができます。記事の属性や、呼び出す記事数など様々な条件を付けて呼び出すことができるので様々な場面で活躍します。

サブループには、『WP_Query』『get_posts』『query_posts(非推奨)』の3つの形式がありますが、今回は一番取得できる情報量が多く複雑な処理が可能な『WP_Query』の使い方をご紹介します。 have_posts() ) : $my_query->the_post(); ?>

-ループ内で表示させたい内容を記述-

『array()』の中の配列で、様々な記事の抽出条件を指定することで、好きな条件の記事を出力することができます。

サブループを使う場合は、ループ終了後に『wp_reset_postdata();』を記述して必ずループをリセットしてください。