【WordPress】「noindex」の設定

noindexとは、Googleなどの検索エンジンに対して「このページは登録しなくても大丈夫です」と伝えることができる設定です。検索エンジンに登録されないだけで、クローラーの巡回は通常通り行われます。

WordPressなどのCMSを使ってサイトを作成した場合、トップページやカテゴリページ・タグページ・アーカイブページ・検索ページなどのページが生成されます。(主にindex.phpによって生成されるページです。)

Googleからは、WordPressなどのCMSによる自動生成コンテンツは適切に処理するとアナウンスされてはいますが、万が一を考え自動生成ページが重複コンテンツとして扱われ、サイトの評価を防ぐために『noindex』の設定を適切に行っておきましょう。

今回は、『タグページ』『アーカイブページ』『検索結果ページ』『404ページ』の4つのページをnoindexとして処理してます。カテゴリページに関しては賛否両論ありますが、noindexにせずそのままにしておきます。

header.phpのheadタグ内に記述

上記の記述は『if(is_tag() || is_archive())』というように『 || 』でまとめて、各一覧ページの条件分岐をしていしています。

phpで『||』は、「または(or)」という意味です。

上記の書き方ではなく、『if』『elseif』を使って条件分岐をしても問題ありません。

また、各ページごとの条件分岐は『is_〇〇』の部分を下のように書き換えることで対応できます。

TOPページ → is_home
記事 → is_single
固定ページ → is_page
カテゴリ一覧 → is_category
タグ → is_tag
年,月,日,時間 → is_date
検索結果 → is_search
404 → is_404

noindexと一緒にnofollow()も追加して『』とすると、リンクをクローラーが巡回しないようにすることもできます。ページ内のリンクも巡回しなくなってしまうので今回は設定していませんが、状況に応じて変更使い分けましょう。