お金が貯まる人のライフスタイル

こんにちは、MIZです。いつもお疲れさまです。

今回は「お金」について書いていきます。

お金って、便利ですよね。たくさん持っていれば、お店へ行った時に好きなものを買えます。お金を持っていれば食べ物に不自由することはありませんし、衣服だって好きなものを身につけることができます。さらに、誰もが羨むような住宅に住むことだってできます。

あればあるほどいいし、ありすぎて困ることはありません。

まぁ、どれだけ持っていても、欲しいものがなければ、低所得者と変わらない水準の生活を送ることになります。

お金を持っている人は一体どんな生活をしているのかというと、予想以上に普通です。目を覚まして、ご飯を食べて、読書したり、映画を見たりして、一日が過ぎます。眠たくなったら、寝る。それで終わり。

ただし、お金持ちは一般人よりも労働時間が少ないので、忙しくありません。そうして、日常の中の労働といえば、炊事、洗濯、掃除、家族の世話くらいです。お金なら銀行にたっぷり預けてありますので、会社に籍を置いて仕事する必要はありません。

私が只今描いたお金持ちの姿は「不労所得者」です。外へ出て労働する必要のない人。

サラリーマンにとっては、羨ましい存在かもしれません。

ただ、実際に見たことのある人は少ないはずです。そういう人は自分の存在を隠す術を身に付けていて、自分自身を見えにくい影のように変化させることができます。

スズメです。


やることはやる。余計なことはしない。これがお金持ちです。鳥を想像していただければわかりやすいと思います。餌を獲るために餌場へ向かい、用事が済んだらすぐに羽ばたいていきます。決して同じ場所に長居はしません。

私たちは人間ですけれど、所詮は生き物であり、鳥たちと同じ。お金持ちはそのことをよく知っていて、外敵から身を守る術を既に身に付けています。お金持ちが見えにくいのは、周囲の風景と同化しているからです。実際は至る所に存在します。

で、お金持ちがどんな生活を送っているのかは先に書きました。普通の生活です。

ただ、生活スタイルはあります。お金持ちには典型があるのです。

まず、お金持ちは自分の時間を大事します。

お金持ちにとって、何より耐え難いのは他人に自分の時間を侵害されることです。

どうして彼らはお金持ちになったのか。それは「自由」を求めたからです。あらゆる束縛から解放されるために戦ったので、彼らは「お金持ち」になりました。

だから、時間には厳しい人が多いです。特に他人との約束事については厳しく守ろうとします。だから、約束を守れる人物になるというのが、お金持ちへの第一ステップです。そして、これができなければ先はありません。

お金持ちは約束を必死で守ろうとします。そうして努力する中で、自分の能力の限界を知ります。約束事とは将来に関する事ですので、どんなに周到に計画したとしても絶対にこれを守れるとはかぎりません。

簡単な約束を守る事がどれだけ困難かというのをお金持ちはよく知っているのです。

だから、怪しげな儲け話があったとしても、簡単には信じませんし、間抜けな人とは付き合いません。

余談ですが、そうして身の回りから人を遠ざけていくと、孤独になります。(お金持ちが孤立するのはこのためです。)

いろいろと書きましたが、お伝えしたいことはシンプルです。お金持ちは、約束を守ることの困難さを知っている人です。また、彼らは約束事を必死で守ろうとします。その姿勢は、普通の人からすれば、感動的ですらあり、ライフスタイルであるともいえるでしょう。

けれど、約束を守ることって、誰にでもできることですよね?

ということは、誰でも、お金持ちになれるのです。

ずば抜けた記憶力が必要なわけではないし、年収が1000万円を超えていなくてもよいのです。

もっと、単純なことなのです。センスというか、「考え方」さえ健全であれば誰でもお金持ちになれます。私は皆さんにそれをお伝えしたい。

以上、MIZでした。

「お金が貯まる人のライフスタイル」への2件のフィードバック

  1. ストレスがあまりない生活がいいですね、私の場合は。

    お金がなさすぎてもストレスがありますし、お金がありすぎてもストレスがあります。ちょうどいい適量というものがお金にもあります。
    食べすぎてもいけないし、食べなさすぎてもいけないのと同じ感覚でしょうか。

    というのは、大きいものやサービスを買って、大きなお金が出るのってけっこうストレスです。税金をいっぱい取られるのも痛みを伴うかなと思うのです。

    約束を守る、時間を守るというのはそのとおりだなーって思います。そういうのは学校教育とかで学ぶ必要があるのだろうなと思ったりもします。

    1. ゆめひと さん

      コメントをくださいましてありがとうございます。
      お金について、「お金にも適量がある」というのは、ご指摘の通りだと思います。文章を書きながら、大金を持っていればいいってものじゃないんだけどな、と考えながら、文脈を優先し、このことには触れずに筆を進めました。だから、欠陥のあるある記事なのです。
      ゆめひとさんには、記事を修正していただきました。

      大きなお金が出ていくのって大変なストレスですよね。わかります。そのサービスなり物が仕事に必要な道具なら尚更で、ろくに使わなかったときには虚しくなり、自分の無能さを痛感します。

      また、学校教育についていえば、あそこは様々なことを学ばせてくれる場所です。そうして、「約束を守る、時間を守ることについて、学校教育とかで学ぶ必要がある」というのは、ゆめひとさんのおっしゃる通りです。ただ、学校(すみません、対象を限定させていただきます。)はお金持ちになるための素養を養うための機関ではありませんので、パンク(不良化)してしまい、約束を守れない性質を強めてしまうこともあるはずです。薬にもなるし、毒にもなるというか。なので、学校一本に全エネルギーを投入してしまわずに、他の場所(家庭、自然など)で学ばせるなどして、リスクヘッジした方が良いでしょう。

コメントを残す