PHP とは、HTMLとの違い、使い方

PHPとは「Hypertext Preprocessor」の略で、動的なコンテンツの作成に向いているプログラミング言語です。例えば、動的コンテンツの代表ブログにも、多くの場合PHPが使用されています。ブログは、新着記事を記事一覧ページの一番上に表示することが一般的ですが、PHPを使えばその操作を自動で行うことが可能です。

HTML は静的

PHPが動的にWebページを生成するのに対してHTMLは静的にWebページの表示を行います。「静的なWebページ」とはいつ誰が見ても同じように表示されるページです。

HTML=単に表示する

PHP は動的

一方の「動的なWebページ」とはアクセスしたタイミングや状況によって表示内容が変わるページのことです。たとえば、PHPがよく使われる掲示板はユーザーによる発言が増える度に表示される内容が変わりますよね。これが「動的なWebページ」の例です。PHPによって動的にHTMLを生成して表示することが可能です。

PHP=計算や変換など様々な条件に応じて処理を行い、処理結果に応じて値を返したりHTMLを表示したりする。プログラム。

HTML と組み合わせて使用する

PHPの主な特徴としてHTMLで記述したファイルの中に埋め込んで使えることがあげられます。HTMLで記述された内容の途中にPHPのプログラムを記述するわけです。これによってPHP・HTMLを別々のファイルとして扱うのでなく、1つのファイルにまとめられるので便利です。

ところで、HTMLはPHPと構造は似ていますが、動的なコンテンツを作ることができません。そのため、HTMLだけを勉強してもブログのように記事の更新やコメントの反映などが行えず、Webサイトの機能が制限されてしまいます。

プログラミング初心者におすすめ

プログラミング初心者にPHPがおすすめの理由は、文法も分かりやすく、基本的な文法を覚えてしまえば、簡単なプログラムをすぐに書くことができるためです。

「プログラムをたくさん書いて動かす」ということを繰り返しているうちに、プログラミングスキルは自然と向上します。習得に時間がかかる言語の場合、途中で挫折してしまう可能性がありますが、PHPであればそのような心配はありません。

PHPを使いこなせれば、お問い合わせフォームの開発など、さまざまなことができるようになります。

お問い合わせフォームは、名前や質問内容などの必要事項を入力して送信することで、「送信しました」や「お問い合わせありがとうございました」などの自動返信する機能がついていますが、この一連の流れをPHPで実装することが可能です。

また、PHPを利用してECサイトなどにある「ショッピングカート」を作ることもできます。商品をいくつ入れたのか、その商品の金額はいくらなのか、自動的にカウント・計算することもPHPで実装可能です。

WordPress はPHP を利用した CMS

WordPressもPHPを用いた有名なアプリケーションです。WordPressで作成されたWebページにユーザーがアクセスする度に、PHPがHTMLを生成して表示します。ユーザーが記事を投稿する度に新着記事として表示されたり、関連記事として紹介する記事が自動的に変更されたりといった処理もPHPによって可能となっているわけです。
WordPressでは本体のプログラムだけでなくセットで使われるテーマ・プラグインなどもPHPで作成されているので、PHPを扱うことができればカスタマイズの幅が広がります。

Webコンテンツの作成や管理を手軽に行うことができるシステムを「CMS(Contents Management System、コンテンツマネジメントシステム)」と呼びますが、CMSで有名な「WordPress」はPHPとMySQL(データベース)を利用しています。WordPressを利用してWebサイトを構築したい方は、HTMLやCSSと合わせてPHPも学びましょう。

とにかくまずはすべてを覚えようとはせず、何ができるのかを知ることが一番です。
なぜなら覚えることが多すぎるからです。頻繁に使うもの以外は自分も覚えてません。
あぁそういえばこんなことできる関数あったなぁ・・・→検索→解決となります。