Linux ログイン画面を飛ばす設定(自動ログイン)

Linuxは複数のユーザーによって利用されることを前提で設計されています。ですので、セキュリティーのために、電源のボタンを入れた次の画面でユーザーを認識する必要があります。

しかしながら、自宅PCとして自分だけが利用するためには、ログイン画面は不必要かもしれません。そんなときには、以下の設定で、ログイン画面を省略出来ます。(自動ログイン)

「/etc/gdm/custom.conf」 を修正します。ルート権限で実行する必要があります。

以下コマンドです。

$ sudo vi /etc/gdm/custom.conf

この「custom.comf」ファイルの中の「 [daemon] 」の直下に以下を追記します。

TimedLoginEnable=true
TimedLogin=(ユーザー名)
TimedLoginDelay=1

(ユーザー名)には、いつも使用しているユーザー名を入力します。

再起動すると、ログイン画面が省略されています。

以上です。

コメントを残す