Iron Maiden ー Wrathchild ー Lyrics(歌詞)和訳、解説付き

Lyrics

” Wrathchild “

[ Steve Harris ]
歌詞を表示する

( intro guitarsolo : dave )

born into a scene of angriness and greed, and dominance and persecution.
My mother was a queen, my dad I’ve never seen, I was never meant to be.
And now I spend my time looking all around,
For a man that’s nowhere to be found.
Until I find him I’m never gonna stop searching,
I’m gonna find my man, gonna travel around.

‘Cos I’m a wrathchild, yeah I’m a wrathchild.
Yeah I’m a wrathchild. I’m coming to get you, oooh yeah.

( guitarsolo : dave )

Say it doesn’t matter ain’t nothin’ gonna alter the course of my destination.
I know I’ve got to find some serious piece of mind, or I know I’ll go crazy.
But now I spend my time looking all around,
For a man thats nowhere to be found.
Until I find him I’m never gonna stop searching,
I’m gonna find my man, gonna travel around.

‘Cos I’m a wrathchild, yeah I’m a wrathchild.
Yeah I’m a wrathchild. I’m coming to get you, oooh yeah.

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

” 悪意を持った使徒 “

( intro guitarsolo : dave )

憤怒と強欲でまみれた環境に生まれた、支配と迫害が横行していた
母親は女王、(けれど)私は父親を知らない、私の存在は無意味
そして、今、私は、自分の時間を、周囲を見ることに使っている
どこへ行っても見つけられない人間を探している
私が彼を見つけるまで、私は、決して、捜索をやめないだろう
私は、人物を見つけるだろう、どこら中を旅するだろう

なぜなら、私は、悪意を持った使徒だから、私は、悪意を持った使徒
私は、悪意を持った使徒、私は、あなたを捕らえにやって来る

( guitarsolo : dave )

「それは問題じゃない」と言おう、「いずれにしても破壊への道を辿らないわけにはいかない」と(言おう)
私は知っている、私は(過去に)、深刻な心のカケラを見つけていたことを、でなければ、私は、自分が、狂人になることを知る
けれど、今、私は、自分の時間を、周囲を見ることに使っている
どこへ行っても見つけられない人間を探している
私が彼を見つけるまで、私は、決して、捜索をやめないだろう
私は、人物を見つけるだろう、どこら中を旅するだろう

なぜなら、私は、悪意を持った使徒だから、私は、悪意を持った使徒
私は、悪意を持った使徒、私は、あなたを捕らえにやって来る

(↓ この曲が収録されているアルバムです。)

・アンケート

アンケートを表示する

差し支えなければ、アンケートにご協力お願いします。

※一定期間後に再回答可能となりますので、どうか、お気軽にご回答くださいませ。

質問1.

あなたは、この曲(Wrathchild)を、どれほど好きですか?

View Results

Loading ... Loading ...

質問2.

ポール・ディアノのボーカルで、もう一枚アルバムを発売してほしかったですか?

View Results

Loading ... Loading ...

解説

解説を表示する

劣悪な環境で育った人物の脳内を描いています。主人公は、自分の存在意義について考え、答えをだそうとしていますが、適切な答えを見つけることができず、悩んでいます。

あるいは、自分の自我を上手く捉えられず、苦しんでいるのかもしれません。

感想

歌詞の趣旨はありふれています。

けれど、言い回しがカッコイイ。

あと、ポールの歌いっぷりがいい。

(↓ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

〈 関連記事 〉