Iron Maiden ー Weekend Warrior ー Lyrics(歌詞)和訳、解説付き

Lyrics

” Weekend Warrior “

《 Steve & Janick 》

歌詞を表示する

The rebel of yesterday, tomorrow’s fool
Who are you kidding being that cool ?

Trying to break away from running with the pack
But they ain’t listening so you’ve gotta go back

You’re a weekend warrior when you’re one of the crowd
But it’s over, just look at you now…

You’re not so brave the way you behave
It makes you sick, gotta get out quick
It’s all bravado when you’re out with your mates
It’s like a different person goes through those gates
And the game begins, the adrenalin’s high
Feel the tension maybe someone will die…

A weekend warrior lately
A weekend warrior sometimes
A weekend warrior maybe you ain’t that way anymore

You’ve gotta get out gotta get away
But you’re in with a clique it’s not easy to stray
You’ve gotta admit you’re just living a lie
It didn’t take long to workout why

It’s hard to say why you got involved
Just waiting to be part, just waiting to belong…

A weekend warrior lately
A weekend warrior sometimes
A weekend warrior maybe you ain’t that way anymore

( guitarsolo )

Some of the things that you’ve done you feel so ashamed
After all it’s only a game… isn’t it ?
And after all the adrenalin’s gone
What you gonna do on Monday ?

A weekend warrior lately
A weekend warrior sometimes
A weekend warrior maybe you were never like that at all.

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

” 週休2日の企業戦士 “

昨日の反逆者、明日の愚か者
あなたは冷静を保っていられますか?

荷物を抱えながら走ることから、解放されたいと思っている
けれど、彼らは聴いていない
仕方なしに、あなたは帰路についた

あなたは週末の戦士、あなたが雑踏の一人であるとき
けれど、それは過ぎたこと
今はあなたを見ている

あなたは、自分らしく振る舞う勇気を、持てないでいる
それは、あなたを、病的にする
早く抜け出すんだ
それは、全て去勢、あなたが仲間と居るときには
それは、別の人物が、それらの門を通り抜けているようなもの
そして、ゲームが始まり、アドレナリンが高まる
気持ちが張り詰めてゆくのを感じる
おそらく、誰かが死ぬだろう

終末の戦士が、ようやく
終末の戦士が、ときどき
終末の戦士よ、おそらく、あなたはこれ以上その道を行けない

あなたは脱出したがった
あなたは逃走したかった
けれど、あなたは同僚と一緒にいる
仲間とはぐれるのは、簡単なことではない
あなたは、自分が偽りの中で生きているという意見に、同意するだろう
理由を見つけるために、長い時間はかからない

あなたが巻き込まれた理由を説明するのは、難しい
離れ離れになるのを待っている
ただ(何かに)属するのを待っている

終末の戦士が、ようやく
終末の戦士が、ときどき
終末の戦士よ、おそらく、あなたはこれ以上その道を行けない

( guitarsolo )

自分の行為のいくつかを、あなたは恥じている
詰まるところ、それはゲームに過ぎない、そうだろう?
そして、結局、アドレナリンは失われる
あなたは、月曜日に、何をする予定ですか?

終末の戦士が、ようやく
終末の戦士が、ときどき
終末の戦士よ、おそらく、あなたはこれ以上その道を行けない

(↓ この曲が収録されているアルバムです。)

解説

解説を表示する

会社で働く被雇用者についての文章です。主人公(企業戦士)は、現状を打破したいと考えています。会社を辞めたい、と常々、思っています。けれど、それができないでいます。家族など、守るべきものがあるならば、そう簡単に仕事を辞められるものではありません。主人公は、業務中に、みっともないことをしでかしてしまうこともあるようで、これらの行いを恥じています。他人に指示されてやったことなのか、自分の過失なのかは書かれてありません。

主人公の雇用形態は詳述されてありません。タイトルから察するに、週末に休めないタイプの仕事であるはずです。

グループに属するのは楽だけど、それでいいの? くらいの文意です。

感想

現実世界の出来事を描写し、直接的なメッセージを聴かせているのは、今回のアルバム(Fear Of The Dark)中において、この曲だけです。

Iron Maiden にしては、珍しい歌詞だなと思いました。

(↓ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)





〈 関連記事 〉