Iron Maiden ー To Tame A Land ー Lyrics 和訳、解説付き

Lyrics

” To Tame A Land “

[ Steve ]
歌詞を表示する

( Intro guitarsolo : dave )

He is the King of all the land
In the Kingdom of the sands
Of a time tomorrow.

He rules the sand worms and the Fremen
In the land amongst the stars
Of an age tomorrow.

He is destined to be a King
He rules over everything
In the land called “Planet Dune”.

Bodywater is your life
And without it you would die
In the desert, the planet Dune.

Without a stillsuit you would fry
On the sands so hot and dry
In a world called Arrakis.

It is a land that’s rich in spice
The sandriders and the “mice”
That they call the “Muad Dib”.

He is the Kwizatz Haderach.
He is born of Caladan
And will take the Gom Jabbar.

He has the power to foresee
Or to look into the past
He is the ruler of the stars.

The time will come for him to lay claim his crown,
And then the foe
Yes, they’ll be cut down,
You’ll see
He’ll be
The best that there’s been,
Messiah supreme
True leader of men,

And when the time for judgement’s at hand,
Don’t fret.
He’s strong
He’ll make a stand
‘Gainst evil
The fire that spreads through the land,
He has the power to make it all end.

( guitarsolo : dave, adrian, twin )

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

” 支配者の悪業 “

彼は、全領地の王様
砂漠の王国
明日の時代の

彼は、砂漠の幼虫や人間を統治している
星々の間に存在する土地で
明日の時代の

彼は、王になるように運命付けられている
彼は、何もかもを超越し、支配している
「砂漠の惑星」と呼ばれる土地で

体内の水分が、つまり、あなたの生命
それ(水分)なしでは、あなたは死んでしまう
砂漠、砂漠の惑星では

着物なしでも、あなたは空を飛べるだろう
熱く、乾燥した砂の上で
アラキスと呼ばれる世界で

そこ(アラキス)は、刺激に満ちている土地である
砂漠の旅行者やネズミは「気違い染みた泥酔者」と呼ばれている

彼は、クイサッツ・ハデラッハ
彼は、カラドンから生まれた
そして、ゴモ・ジャバーを手に入れる

彼(クイサッツ・ハデラッハ)は、予言する力を持っている
あるいは、過去の時代を振り返る力を持っている
彼は、星々の統治者

彼(クイサッツ・ハデラッハ)が王冠を獲得する時は、来るだろう
そして、次には、敵が(来るだろう)
無論、彼らは、切り捨てられるだろう
あなたには見えるだろう
彼は、最高の存在として君臨しているだろう
神の至高
人類のための真の指導者として

それから、ちょうど、審判の時
悩んではいけない
彼(クイサッツ・ハデラッハ)は、強い
彼は、悪魔と、対峙するだろう
領地中に炎が燃え広がる
彼は、それの全てを終わらせる力を持っている

( guitarsolo : dave, adrian, twin )

(↓ この曲が収録されているアルバムです。)

解説

解説を表示する

〈 アラキス について >
歌詞中には、Arrakis という単語が使われています。用いられ方からいって、場所を表す単語です。けれど、MIZ
の使用している辞書には載っていませんでした。ネットで検索しても、出てきませんでした。なので、架空の場所なのかな、と思います。

〈 マッド ディブ について 〉
また、歌詞中には、Muad Dib 言葉があります。これは、登場人物を揶揄する言葉です。「The sandriders and the “mice”」を示す言葉です。それで、辞書で調べても意味はわかりませんでした。なので、もっと専門的な言葉なのかもしれません。

それでも、なんとか和訳したかったのでで、まず Muad Dib という言葉を「mad dive」という言葉に変換しました。そして、「気違いが水中に飛び込んだ」みたいな意味になります(無理矢理ですね)。たぶん語訳です。

〈 クイサッツ・ハデラッハ について 〉
これは、人名です。実在した人物かどうかまでは、わかりません。そんなに調べていませんが、たぶん、架空の人物です。

〈 ストーリー 〉
SF映画みたいな内容です。架空の土地に、架空の人物が登場します。

感想

あんまりおもしろくありませんでした。ちょっと苦手。好みの問題だと思います。映画でも、観る人によって、好き嫌いがあるように、単純に、私が、この曲の歌詞に入っていけなかったのかと思います。

和訳しながら、こういう曲が好きな人は必ずいるはずだ、と思いました。

(↓ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

〈 関連記事 〉

コメントする

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。