Iron Maiden ” The Edge Of Darkness ” Lyrics(歌詞)和訳付き

Lyrics

〈 Blaze & Janick & Steve 〉

歌詞を表示する

” The Edge Of Darkness “

I’ve looked into the heart of darkness
Where the blood-red journey ends
When you’ve faced the heart of darkness
Even your soul begins to bend

For a week I have been waiting
Still I am only in Saigon
The walls move in a little closer
I feel the jungle call me on

Every minute I get weaker
While in the jungle they grow strong
What I wanted was a mission
And for my sins they gave me one

They brought it up just like room service
‘Cause everyone gets what they want
And when that mission was all over
I’d never want another one

Oh!

I know, captain,
That you’ve done this work before
We’ve got a problem
You can help us all I’m sure
The colonel’s gone rogue
And his methods are unsound
You’ll take a PBR up river track him down

There’s a conflict in every human heart
And the temptation is to take it all to far
In this war things get so confused
But there are some things
Which cannot be excused

He’s acting like a God – an insane lunatic
Your mission – terminate with extreme prejudice
Your route is dangerous and your progress may be slow
Here is the file and it’s all you need to know

Oh! Oh!

( guitarsolo )

Here I am the knife in my hand
And now I understand why the genius must die

Now I stand alone in the darkness
With his blood upon my hands
Where sat the warrior the poet
Now lie the fragments of a man

I’ve looked into the heart of darkness
Where the blood-red journey ends
When you’ve faced the heart of darkness
Even your soul begins to bend

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

” 暗闇の先に “

私は、暗闇の深部を、覗いている
血塗られた旅の終わりは、どこだろう?
いつ、あなたは、暗闇の核心と向き合ったのだろう?
あなたの魂がねじ曲がり始めたというのに

一週間、私は待っていた
まだ、私は、サイゴン(旧南ベトナムの首都)に、1人でいる
壁が少し迫る
ジャングルが私を呼んでいる気がする

毎分、私は弱くなっている
ジャングルにいる間、彼らは強く成長する
私が欲しいものは、使命
そして、我が罪のために、彼らは私にある物を与えた

彼らはそれを利用した、ルームサービスを呼ぶかのように
なぜなら、全員が、欲しいものを手に入れるから
そして、使命が全て果たされたとき、私は、別の何をも欲っしないだろう

私は知っている、キャプテン
あなたはこの仕事を過去にやり遂げたことがある
私たちは問題を抱えた
あなたは私たち全員を助けることができる
私は、思っている
大佐が悪党と化してしまった、と
そして、彼のやり方は、音を立てない
あなたは、河川哨戒艇で川を上り、彼を捕まえるだろう

どの人間の心にも、紛争が存在している
そして、その情熱は、遠いところにあるものを、すべて手に入れようとする
この戦争では、物事がとても混乱している
けれど、避けられないことが、いくつもある

彼は、神のように、振るまっている
狂気の沙汰
あなたの使命は、大いなる偏見を持って、抹殺すること
あなたの辿る道は危険
そして、あなたの成長速度は、遅いかもしれない
ここに、ファイルがある
そして、それには、あなたの知るべきことがすべて記載されてある

( guitarsolo )

ここで、私は、手の中にナイフを握っている
そして、今になって、私は、才子の死ぬ理由を理解した

今、私は、暗闇の中、一人きりで、立っている
彼の手には血がついている
詩人でもある戦士が座る場所で
今、人間の断片が散らばっている

私は、暗闇の深部を、覗いている
血塗られた旅の終わりは、どこだろう?
いつ、あなたは、暗闇の核心と向き合ったのだろう?
あなたの魂がねじ曲がり始めたというのに


(↑ この曲が収録されているアルバム、The X-Factor です。)

解説

解説を表示する

ベトナム戦争をテーマにした曲です。主人公は、アメリカ人。主人公の心の中を描いています。

〈 PBR とは 〉
河川哨戒艇(かせんしょうかいてい)のこと。”Patrol Boat River”と言い、その頭文字を取ってPBRとも呼ばれる。ベトナム戦争時に、アメリカ軍が使用していた。

感想

歌詞はカッコイイ。ただ、やはり、ボーカルが退屈かもしれない。囁きかけるようなパートが多すぎるのではないか、と思いました。

●・○・●・○・●・○・●・○・●


(↑ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

〈 関連記事 〉