Iron Maiden ー Phantom Of The Opera ー Lyrics(歌詞)和訳、解説付き

Lyrics

” Phantom Of The Opera “

[ Steve Harris ]
歌詞を表示する

I’ve been looking so long for you now you won’t get away from my grasp.
You’ve been living so long in hiding in hiding behind that false mask.
And you know and I know that you ain’t got long now to last.
Your looks and your feelings are just the remains of your past.

You’re standing in the wings, there you wait for the curtain to fall.
Knowing the terror and holding you have on us all.
Yeah, I know that you’re gonna scratch me, maim me and maul.
You know I’m helpless from your mesmerising cat call.

Keep your distance, walk away, don’t take his bait.
Don’t you stray, don’t fade away.
Watch your step, he’s out to get you, come what may.
Don’t you stray, from narrow way.

( guitarsolo : dave, twin, dave, dannis )

I’m running and hiding in my dreams you’re always there.
You’re the Phantom of the Opera, you’re the devil, you’re just out to scare.
You damaged my mind and my soul it just floats through the air.
Haunt me, you taunt me, you torture me back at your lair.

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

” 歌劇の魔術師 “

私は、長い間、あなたを探していた、今、あなたは、私の手から、逃れられない
あなたは、長い間、隠れながら生きてきた、偽りの仮面の裏側に隠れて
そして、あなたは知っている、そして、わたしも知っている、あなたが現状を維持できないことを
あなたの外見と感覚は、過去のまま(変わっていない)

あなたは(舞台の)脇に立っている、そこで、あなたは、幕が降りるのを待っている
恐怖を知っている、私たち全員を掌握している
私は知っている、あなたがこれから、私を引っ掻き、重傷を負わせ、さらに打ち付けることを
あなたは知っている、私が、あなたの猫なで声から逃れられないことを

しっかり距離を保ち、歩いて行こう、彼(魔術師)の撒き餌(まきえ)に手を出してはいけない
迷ってはいけない、霞んでもいけない
足元をよく見るんだ、彼はあなたを捕えようとしている、何がくるのか(わからない)
迷ってはいけない、細い道から

( guitarsolo : dave, twin, dave, dannis )

私は走っている、そして、自分の夢の中に隠れている、あなた(魔術師)はいつもそこ(夢の中)にいる
あなたは歌劇の魔術師、あなたは悪魔、あなたは(私を)怖がらせるために現れる
あなたは、私の精神と魂を害する、それ(魔術師、もしくは主人公の魂)は、空気中に漂う
あなたは、私にとり憑く、私を嘲(あざけ)り、私を拷問する、あなたの嘘に背を向けながら

(↓ 曲が収録されているアルバムです。)

・アンケート

アンケートを表示する

差し支えなければ、アンケートにご協力お願いします。

※一定期間後に再回答可能となりますので、どうか、お気軽にご回答くださいませ。

あなたは、この曲(Phantom Of The Opera)を、どれほど好きですか?

View Results

Loading ... Loading ...

この曲(Phantom Of The Opera)のボーカルパートは、早口ですが、歌えますか?

View Results

Loading ... Loading ...

解説

解説を表示する

歌詞の内容については、解釈に自信がありません。それでも書いていきます。妄言に近いことを書きますので、時間のある方は以外は、スルーしてくださった方がよいかと思います。

まず、第一段落(ブロック)、は、「主人公が魔術師を探し当てた」という内容です。「I」が魔術師で、「You」が主人公。

第二段落以降は、代名詞の内容が変更され、「I」が主人公で、「You」が魔術師となります。舞台には魔術師が潜んでいて、時に、演奏者を苦しめる、というようなことが書かれてあります。

ステージ上には魔物が潜んでいる、という趣旨の曲です。

途中で代名詞の内容が入れ替っているのが、唐突で、これでよいのか自信がありません。

感想

〈 ボーカルが早口 〉
ボーカルの第一声が早口すぎて、聞き取れません。I’ve been slab …って聞こえます。

〈 歌詞の内容 〉
大まかな意味はわかりますが、詳細について考えようとすると、どうしても第一段落と第二段落以降とで代名詞の内容が入れ替わることが気になり、解釈に自信を持てなくなります。

〈 メロディー 〉
メロディーは、聴きやすいです。

(↓ 持っていない人は、要チェック。)

〈 関連記事 〉