Iron Maiden ” Man On The Edge ” Lyrics(歌詞)和訳付き

Lyrics

〈 Blaze & Janick 〉

歌詞を表示する

” Man On The Edge “

The freeway is jammed and it’s backed up for miles
The car is an oven and baking is wild
Nothing is ever the way it should be
What we deserve we just don’t get you see

A briefcase, a lunch and a man on the edge
Each step gets closer to losing his head
Is someone in heaven are they looking down
‘Cause nothing is fair just you look around

Falling down

He’s sick of waiting of lying like this
There’s a hole in the sky for the angels to kiss
Branded a leper because you don’t fit
In the land of the free you just live by your wits

Once he built missiles a nation’s defence
Now he can’t even give birthday presents
Across the city he leaves in his wake
A glimpse of the future a cannibal state

Falling down

( guitarsolo : janick, dave )

The freeway is jammed and it’s backed up for miles
The car is an oven and baking is wild
Nothing is ever the way it should be
What we deserve we just don’t get you see

A briefcase, a lunch and a man on the edge
Each step gets closer to losing his head
Is someone in heaven are they looking down
‘Cause nothing is fair just you look around

Falling down

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

” 危険な男 “

一般道は滞っている、そして、数マイル先まで渋滞が続いている
車はオーブンのようなもの
野性を焼いている
あるべき道なんてない
私たちが評価するもの
私たちは、あなたが見る物を、気にしない

ビジネス鞄、昼食、刃の上で生きる男
歩を進めるたびに、断首へと、近づく
天国には、誰かがいるのだろうか?
彼らは、見下ろしているのだろうか?
というのは、あなたの身の回りに、公平な物なんて何も無いから

堕ちてゆく

彼は、このように、寝ながら待つことに慣れてしまっている
空には、天使にキスするための、小さな穴がある
のけ者にされている者と交わるんだ、なぜなら、あなたは馴染めていないから
自由の土地で、あなたは、自分が見るものだけを頼りに生きる

かつて、彼は防衛ミサイルを開発した
現在、彼は、誕生日プレゼントすら与えることができない
彼は、自分自身の意思で、市外に出る
一握りの未来
人食が許されている州

堕ちてゆく

( guitarsolo : janick, dave )

一般道は滞っている、そして、数マイル先まで渋滞が続いている
車はオーブンのようなもの
野性を焼いている
あるべき道なんてない
私たちが評価する物
私たちは、あなたが見る物を、気にしない

ビジネス鞄、昼食、刃の上で生きる男
歩を進めるたびに、断首へと、近づく
天国には、誰かがいるのだろうか?
彼らは、見下ろしているのだろうか?
というのは、あなたの身の回りに、公平な物なんて何も無いから

堕ちてゆく


(↑ この曲が収録されているアルバム、The X-Factor です。)

解説

解説を表示する

作詞者(ブレイズ、もしくは、ヤニック)の生き方を表現しています。安全を求めるのは性に合わない、というような文意です。

どちらが書いた歌詞なのかわかれば、もっと面白いのにな、と思いました。ブレイズのソロ活動を研究している人にはわかるのかもしれません。教えてほしいくらいです。ブレイズとヤニック、どちらも書きそうな文章です。

感想

めちゃくちゃカッコイイ。特にブレイズのボーカルがいい。サビが最高。歌いやすい。

私は、このアルバム、結構好きかもしれません。というよりも、ブレイズのボーカルが好き。でも、ブレイズは、Run to the hills とか、Wasted years を歌っても、かっこよくないだろうな、と思ってしまいます。

まぁ、ブレイズはブルースじゃないので、似合うことと似合わないことが生じてしまうのは仕方ないことです。

●・○・●・○・●・○・●・○・●


(↑ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

〈 関連記事 〉