Iron Maiden ー The Loneliness Of The Long Distance Runner ー Lyrics 和訳

Lyrics

” The Loneliness Of The Long Distance Runner “

[ Steve ]
歌詞を表示する

The tough of the track
With the wind
And the rain that’s beating down on
Your back
Your heart’s beating loud
And goes on getting louder
And goes on even more ‘til the
Sound is ringing in your head
With every step you tread
And every breath you take
Determination
Makes you run never stop
Got to win got to run ‘til you drop
Keep the pace hold the race
Your mind is getting clearer
You’re over half way there
But the miles they never seem to end
As if you’re in a dream
Not getting anywhere
It seems so futile

Run on and on
Run on and on
The loneliness of the long distance runner

I’ve got to keep running the course
I’ve got to keep running and win at
All costs
I’ve got to keep going be strong
Must be so determined and push myself on

( guitarsolo : adrian, dave )

Run over stiles across fields
Turn to look at who’s on your heels
Way ahead of the field
The line is getting nearer but do
You want the glory that goes
You reach the final stretch
Ideals are just a trace
You feel like throwing the race
It’s all so futile

Run on and on
Run on and on
The loneliness of the long distance runner

Run on and on
Run on and on
The loneliness of the long distance runner

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

” 長距離走者の孤独 “

競技場は、荒れている
そして、雨が、あなたの背中に、打ちつける
あなたの心は、高鳴っている
そして、だんだん大きくなっている
そして、あなたの頭の中で鳴り続ける
あなたが足を進めるたびに
そして、あなたが呼吸するごとに
決意が、あなたを、止まらせない
勝利するために、諦めるまで走るために
ペースを保て、競争し続けるんだ
あなたの精神は、次第に明瞭になっていく
あなたは、半分の距離を過ぎる
けれど、先は長い、彼らは、終わりを見ていないかのよう
夢の中にいるあなたのように
どこへも辿り着かない
とても無駄なようにみえる

走り続けよう
走り続けよう
長距離走者の孤独

私は、そのコースを、走り続けた
私は、走り続けた、そして、見返りを勝ち取る
私は、強くなり続けた
決断しなければならない
そして、自分自身を、押さなければならない

( guitarsolo : adrian, dave )

形式を越えて、分野を越えて、走る
あなたの足跡を追っている人物を確認するべく、振り向く
その分野の開拓者
線は近づきつつある
けれど、あなたは、逃げゆく栄光を欲しているのだろうか?
あなたは、最後のストレッチを試みる
理想は、ただ道を辿ること
あなたは、競走を放棄しているような感覚になる
すべてがとても無駄

走り続けよう
走り続けよう
長距離走者の孤独

走り続けよう
走り続けよう
長距離走者の孤独

(↓ この曲が収録されているアルバムです。)

解説

解説を表示する

長距離走者の心境を歌っています。

走りながら、主人公は、「頑張って走り続けても、何にもならない」と、思っています。

感想

何で、人間て、走りたがるのだろう、と思ってしまいました。素朴な文章です。

(↓ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

〈 関連記事 〉