Iron Maiden ” Lightning Strikes Twice ” Lyrics 和訳付き

Lyrics

〈 Dave & Steve 〉

歌詞を表示する

” Lightning Strikes Twice “

I feel the breeze on my face in expectance
Not very long before the storm reaches here
Off in the distance the lightning is flashing again
Feel something strong as the power draws near

Is it the rolling thunder that scares you
Is it the crashing of clouds that hold fear
But all I know as I sit in a corner alone
It takes me back to my childhood again

And as I wait and look for an answer
To all the things going round in my head
I ask myself could it be a disaster and when
It’s maybe threatening to happen again

As the ominous light draws near
There’s a lone dog howls in the park
All the people hurry inside
As the lightning flash lights dark
The storm is nearly here
Only god will know

You’re sitting alone you watch
As the wind is blowing treetops
And the swaying rusting of leaves
Plenty all time to perceive
As you wait for rain to fall
Only god knows
The whole sky glows

Maybe lightning strikes twice
Maybe lightning strikes Twice

( guitarsolo )

Only god knows
The whole sky glows

Maybe lightning strikes twice
Maybe lightning strikes Twice

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

” 悲運の予感 “

私は、顔に風を感じる
予感がする
ここに嵐が到達するまで、長くかからない
遠くないところで、稲妻がもう一度、光る
力が迫るにつれて、強い何かを感じる

あなたを脅えさせるのは、繰り返される稲妻なのか?
恐怖を保っているのは、摩擦し合う曇なのだろうか?
けれど、私は、部屋の隅、一人きりでいながら、悟る
それは、私を、再び、幼少期へと引き戻す

そして、私は待っている
答えを探している
私は、自分自身に問うた、それが災害かどうか
そして、いつ、もう一度、その脅威が起こるのかを

不吉な灯りが付いてくる
捨てられた犬が、公園で、吠えている
内心で、人々は、急いでいる
暗闇を照らす稲妻のように
嵐は近い
神のみぞ知る

あなたは、一人きりで、座っている
あなたは、見る
風が木の頂点を吹いている
そして、木の葉をゆらしている
受け入れるべき時間は、たっぷりとある
あなたは、雨が降るのを待っている
神のみぞ知る
空全体が変化している

おそらく、稲妻が2度、落ちる
おそらく、稲妻が2度、落ちる

( guitarsolo )

神のみぞ知る
空全体が変化している

おそらく、稲妻が2度、落ちる
おそらく、稲妻が2度、落ちる


(↑ この曲が収録されているアルバム、Virtual XI です。)

解説

解説を表示する

悲運を予感する内容です。

あるいは、悲運を「刺激」と掛けているのかもしれません。

感想

悪くない曲だと思います。でも聴いていて、ブルースが歌っていたらな、と思ってしまいました。

●・○・●・○・●・○・●・○・●


(↑ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

〈 関連記事 〉