Iron Maiden ー Childhood’s End ー Lyrics(歌詞)和訳、解説付き

Lyrics

” Childhood’s End “

《 Steve 》

歌詞を表示する

I’d sail across the ocean
I’d walk a hundred miles
If I could make it to the end
Oh just to see a smile

You see it in their faces
The sadness in their tears
The desperation and the anger
Madness and the fear

No hope, no life, just pain and fear
No food, no love, just greed is here

Starvation and the hunger
The suffering and the pain
The agonies of all-out war
When will it come again ?

The struggle for the power
A tyrant tries again
Just what the hell is going on ?
When will it ever end ?

No hope, no life, just pain and fear
No food, no love, just greed is here

( guitarsolo )

You see the full moon float
You watch the red sun rise
We take these things for granted
But somewhere someone’s dying

Contaminated waters
Pollution and decay
Just waiting for disease to strike
Oh will we learn someday ?

No hope, no life, just pain and fear
No food, no love, no seed, childhoods end.

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

” 旅路の果て “

私は、海を、横断するだろう
私は、100マイルの旅路を、歩くだろう
もしも、私が、最終的に、それを達成できたなら
ただ笑顔を見たいがために

あなたは、それを、彼らの表情の中に見る
彼らの流す涙に込められている悲しみ
絶望と怒り
狂気と恐怖

希望はない、命はない、痛みと恐怖だけ
食べ物はない、愛情もない、強欲だけが、ここにある

飢餓と空腹
苦しみと痛み
戦争に対する激しい怒り
それは、いつ再発するのだろうか?

力を求める争い事
暴君は、もう一度、試みる
何が起きている?
いつになればこの地獄が終わるのだろう?

希望はない、命はない、痛みと恐怖だけ
食べ物はない、愛情もない、強欲だけが、ここにある

( guitarsolo )

あなたは、満月の浮かんでいる空を見ている
あなたは、赤い太陽が上昇している様子を見る
私たちは、これらのことを、疑いもなく受け入れる
けれど、どこかで、誰かが、死んでいる

汚染された水
汚染と腐食
病気が流行するのを、ただ待っている
いつの日か、私たちは、学ぶのだろうか?

希望はない、命はない、痛みと恐怖だけ
食べ物はない、愛情もない、強欲だけが、ここにある

(↓ この曲が収録されているアルバムです。)

解説

解説を表示する

作詞者(スティーブ)は、人類の行く末について、あれこれ考えています。真面目な内容です。

感想

ここまで聴いて、前作(No Prayer For The Dying)よりも、歌詞がわかりやすくなっているな、と思いました。アルバム全体に統一感があるので、解釈しやすいです。

(↓ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)





〈 関連記事 〉