Iron Maiden ー Caught Somewhere In Time ー Lyrics 和訳

Lyrics

” Caught Somewhere In Time “

[ Steve ]
歌詞を表示する

If you had the time to lose
An open mind and time to choose
Would you care to take a look
Or can you read me like a book

Time is always on my side
Time is always on my side

Can I tempt you come with me
Be Devil may care fulfill your dream
If I said I’d take you there
Would you go would you be scared

Time is always on my side
Time is always on my side

Don’t be afraid you’re safe with me
Safe as any soul can be… honestly
Just let yourself go

Caught somewhere in time
Caught somewhere in time
Caught somewhere in time… oh oh
Caught somewhere in time
Caught somewhere in time
Caught somewhere in time… oh oh

( guitarsolo : dave, adrian )

Like a wolf in sheep’s clothing
You try to hide your deepest sins
Of all the things that you’ve done wrong
And I know where you belong

Time is always on my side
Time is always on my side

Make you an offer you can’t refuse
You’ve only got your soul to lose…
Eternally… let yourself go!

Caught somewhere in time
Caught somewhere in time
Caught somewhere in time… oh oh
Caught somewhere in time
Caught somewhere in time
Caught now in two minds!

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

” 強制タイムスリップ “

もしもあなたに失う時間があるのなら
開かれた心と選択する時間が、あなたの視界を向上させるだろう
そうでなければ、私に本でも読んでくれるかい?

時間は、いつも、私の傍にある
時間は、いつも、私の傍にある

私は、あなたを誘惑できるだろうか? 私と一緒に来てくれるように
悪魔になれば、あなたの夢は、満たされるかもしれない
もしも、私がそこへ連れて行くといったなら、あなたは行っただろうか?
あなたは怖がっただろうか?

時間は、いつも、私の傍にある
時間は、いつも、私の傍にある

怖れてはいけない、私といれば、あなたは安全
魂が正直であるように、安全
あなた自身を行かせるんだ

時空のどこかに捕らえられて
時空のどこかに捕らえられて
時空のどこかに捕らえられて
時空のどこかに捕らえられて
時空のどこかに捕らえられて
時空のどこかに捕らえられて

( guitarsolo : dave, adrian )

羊の毛皮を着たオオカミのように
あなたは、自分の深い罪を、隠そうとする
自分自身が為した間違いのすべてを(隠そうとする)
そして、私は、あなたがどこに属しているかを、知る

時間は、いつも、私の傍にある
時間は、いつも、私の傍にある

あなたに提案しよう、あなたは拒否できない
あなたは失うための魂を手に入れた
永遠に、あなた自身を行かせるんだ

時空のどこかに捕らえられて
時空のどこかに捕らえられて
時空のどこかに捕らえられて
時空のどこかに捕らえられて
時空のどこかに捕らえられて
今捕らえられて、精神が二つに分裂する

(↓ この曲が収録されているアルバムです。)

解説

解説を表示する

タイムトラベルを題材にした曲です。

ストーリーはありません。クールなメッセージが書かれてあるだけです。スティーブにしては、珍しい書き方です。スティーブは、いつも、ストーリー性のある文章ばかりを書きます。

感想

普通にかっこいい。

ただ、どうしても、前作のアルバムの第一曲目(Aces High)と比べてしまうので、なんとなく物足りなさを感じてしまいます。Aces High がいい曲すぎて、他のいかなる曲も、存在が霞んでしまうのです。

十分な内容なのですが、少し物足りないかな、とも思いました。

(↓ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

〈 関連記事 〉