Iron Maiden ” Blood On The World’s Hands ” Lyrics 和訳付き

Lyrics

〈 Steve 〉

歌詞を表示する

” Blood On The World’s Hands “

Sometimes it makes me wonder
Sometimes it makes me question
Sometimes it makes me saddened
Always it makes me angry but…

When you can see it happening
The madness that’s all around you
Nobody seems to worry
The world seems so powerless to act…

It’s out of control
Blood on the world’s hands
Each day a new toll

Another assassination
The same day a new creation
But what are they coming into
Security of a world that brings…

One day another killing
Somewhere there’s someone straying
Another a savage raping
Meanwhile there’s someone laughing at us

It’s out of control
Blood on the world’s hands
Each day it goes on

( guitarsolo : janick )

Blood on the world’s hands…

Brutality and aggression
Tomorrow another lesson
Expecting another air raid
Praying for a ceaserfire

They say things are getting better
No need to be complacent
There’s chaos across the border
And one day it could be happening to us

It’s out of control
Blood on the world’s hands
It’s our epitaph
It’s out of control
Someone should know
Blood on the world’s hands

Someone should

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

” 世界に溢れる血液 “

ときどき、それは、私を、不思議に思わせる
ときどき、それは、私に、質問させる
ときどき、それは、私を、悲しくさせる
いつも、それは、私を、怒らせる
けれど

あなたにそれの発生がわかるとき
狂気が、あなたの周りを包囲している
誰も心配していないように見える
世界は活動するための力を失っているように見える

それは、操作不能
世界の手の血
日ごとに、新しく通行料金が発生する

別の暗殺組織
同じ日
新しい発明
けれど、彼らは何をもたらすのだろう?
世界の安全性が保たれているというのに

ある日
別の殺人
どこかで誰かが迷子になっている
別の残虐な強姦
つまりは、私たちを笑っている者がいる、ということ

それは、操作不能
世界の手の血
日ごとに、新しく通行料金が発生する

( guitarsolo : janick )

世界の手の血

( guitarsolo : janick )

獰猛さと攻撃性
明日、別の教示
別の空模様を予測する
停戦を祈っている

彼らは言う、「物事は改善している
自己満足にふける必要はない
国境を越えた先には混沌が存在する
そして、いつの日か、それは私たちの身に起こりうるだろう」と(彼は言う)

それは、操作不能
世界の手の血
それは、私たちの碑文
それは、操作不能
誰かが知るべき
世界の手の血

誰かが


(↑ この曲が収録されているアルバム、The X-Factor です。)

解説

解説を表示する

救世主を求める歌です。世界は悪くなりすぎている、くらいの文意です。

感想

歌詞はカッコイイ。ギターソロもかっこいい。良曲だと思います。

 
●・○・●・○・●・○・●・○・●


(↑ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

〈 関連記事 〉