Helloween – You, Still Of War – Lyrics(歌詞)- 和訳 – 解説付き

Lyrics

[ Music : Sascha & Andi ,  Lyrics : Sascha ]

Wake up

Alone I find myself on my knees
I see those footsteps on this crystal frozen sea
No bird, no tree nor any other living creature seen
Wind the only thing I can hear
Cloud transitions passing by above my head
While I’m moving I see my feet are deep blood red

Hey
I find myself alone
What happened suddenly?
Hey
I find myself alone
Is this my destiny?

I spread my wings and fly to find those of my kind
As I will not survive the loneliness
Don’t wanna let you down no matter who you are
I can’t believe I am the only one

Ah, you still of war
Ah, you still of nevermore
Ah, you still of war
Hush

Frozen cities, ashes fallen off the trees
I killed those who chose me for a nuclear decease

Hey
I’m made in fire
What happened suddenly?
Hey
Exploding is my desire
Is this my destiny?

I spread my wings and fly to find those of my kind
As I will not survive the loneliness
Don’t wanna let you down no matter who you are
I can’t believe I am the only one
No!

[ Guitarsolo : Sascha, twin, Sascha?, twin, Sascha? ]

Hey
I’m made of steel
What happened suddenly?
Hey
I just eject from seals
Is this my destiny?

I spread my wings and fly to find those of my kind
As I will not survive the loneliness
Don’t wanna let you down no matter who you are
I can’t believe I am the only one

Ah, you still of war
Ah, you still of nevermore
Ah, you still of war

All these tears I’ve cried
Flowing into seas
All the memories gone
Of this human breed
All these years I’ve tried
To be just your threat
All the triggers made you
And me a hand of death
All the creatures died
New generations bloom
Frontier ahead, on an airplane
Led me into doom

No, you still of war
No, you still of war
No!

和訳

翻訳者:MIZ

「あなたと戦争」

目が覚めて

一人きり、私は膝の上に自分を見つける
私にはそれらの足跡が見える、この煌く氷の海の上
鳥はいない、木もない、他の生物も見つからない
聴こえるのは風の音だけ
雲が姿を変えながら私の頭上を通り過ぎていく

そして
私は一人きりで自分自身を見つける
突然何が起こった?
そして
私は一人きりで自分自身を見つける
これが私の運命なのだろうか?

私は翼を広げ、飛び立つ、仲間を見つけるために
なぜなら、私は一人きりでは生きていけないから
諦めてはいけない、あなたが何者であろうと
私は、自分が一人きりだとは思わない

あぁ、あなたはまだ戦争しているのか
あぁ、あなたはまだ懲りていないのか
あぁ、あなたはまだ戦争しているのか
不毛(としか言いようがない)

凍りついた町、塵が木々に降り注ぐ
私は私を選んだ人々を殺した、核兵器が(余りにも)病的だったから

そして
私は炎の中で生まれた
突然何が起こった?
そして
爆発は私の本望
これが私の運命なのだろうか?

私は翼を広げ、飛び立つ、仲間を見つけるために
なぜなら、私は一人きりでは生きていけないから
諦めてはいけない、あなたが何者であろうと
私は、自分が一人きりだとは思わない
違う

[ Guitarsolo : Sascha, twin, Sascha?, twin, Sascha? ]

そして
私は鉄でできている
突然何が起こった?
そして
私はただ特殊部隊から除隊する
これが私の運命なのだろうか?

私は翼を広げ、飛び立つ、仲間を見つけるために
なぜなら、私は一人きりでは生きていけないから
諦めてはいけない、あなたが何者であろうと
私は、自分が一人きりだとは思わない

あぁ、あなたはまだ戦争しているのか
あぁ、あなたはまだ懲りていないのか
あぁ、あなたはまだ戦争しているのか

私が流したすべての涙
海へ流れてゆく
すべての記憶が消えてゆく
これが人間の性(さが)
私が頑張ったすべての年月
あなたの天敵になるために
すべての引き金があなたと私を死へと導く
すべての生物は死んだ
(そして)新世代が育つ
目の前に広がる新しい土地、飛行機が
私を運命へと導いた

違う、あなたはまだ戦争している
違う、あなたはまだ戦争している
違う

解説

概要

冒頭の一言「Wake up」がこの歌詞における最重要フレーズです。目が覚めたら一人きりだった、というところからストーリーが始まり、主人公(you)は、自分が夢の中(あるいは、異世界)へ突然ワープしていることに気がつきます。

あたりを見渡すと、人はいないし、植物はないし、他に生き物を確認することすらできない。

一人きりでは生きていけないので、主人公は仲間を探しに旅立ちます。すると、どうやらここ(夢の中)は現在、戦争中のようで、原爆が投下された後の場所にいるようだと、気がつきます。

あとは歌詞に描写されている通りです。

以上が曲の中にあるストーリー。

戦争の不毛さを忘れてはいけない、ということかもしれません。

感想

良質な文章の典型

まず、歌詞がすばらしい。きちんと、明確かつ確実に、ストーリーを書き進めていますので、ついつい何が書かれてあるのかよく読んでしまいます。なかなか見ることができない、良い文章の典型。

この作品が Helloween の Max

サシャが戦争をテーマにして歌詞を書いたのは、今回が初めてではありません。前作「Straight Out Of Hell」でも、作詞しています。

Staraight Out Of Hell 収録の World War は、戦争を美化しているようで、いけませんでした。

今作の Russian Roulé はサシャ(とアンディ)がメロディーを作りましたが、歌詞を書いたのはアンディです。メロディーも歌詞もよく出来ています。はっきりいって、素晴らしい。

で、今回の曲も戦争をテーマにしているわけですが、Russian Roulé のさらに上をいく内容だと思います。そうして、これが Helloween の Max だと思います。これ以上の作品はできないでしょう。

テーマが重すぎるので、シニカルに批判することはできないし、かといって深刻に書きすぎるとファンは引いてしまいます。難しいのです。

失敗している例が、本アルバムに収録されている The Swing of a Fallen World(アンディ作詞・作曲)です。深刻すぎて、聴いていて、おもしろくない。

曲順についていえば、Helloween はよくできている曲を(いつも)アルバムの最後に配置するのですが、今作でもその方法は変わっていないようです。明らかに今回の曲は、他の曲と比べてよく出来ています。

アンディーが作詞に関わったのがよかったのかもしれません。彼は大人ですから、サシャのやり過ぎ(ロマンティックなところ)を上手く修正したのでしょう。

プロデューサーの力量

また、感心してしまうのは、この曲をアルバムの最後に配置したプロデューサーのセンスで、彼らの中に、作品の質の善し悪しを明確に判断できる人物がいるのは間違いありません。

コメントを残す