Helloween – Waiting For The Thunder – Lyrics(歌詞)ー 和訳 ー 解説付き

Lyrics

〈 Music & Lyrics : Andi 〉

歌詞を表示する

” Waiting For The Thunder “

Sometimes I’m tough and bold
Just sometimes I am frightened
Sometimes I’m dull and cold
But sometimes so enlightened
I made some old mistakes but still did what I wanted
Sometimes the right you turned into wrong
I did it again
I don ́t give a damn

Here I am
Waiting for the thunder
Waiting for the pain
Waiting for the rain you’re bringing
Here I go
Waiting for the thunder
I am not a saint
Put on your war paint
And kill me

Sometimes I have to leave
Knowing sometimes I got stranded
Sometimes I want to fight
Though many times I was branded
Whatever life may bring I just try to keep my head up
Sometimes you have no choice but to kill
A man as I am
I don’t give a damn

Here I am
Waiting for the thunder
Waiting for the pain
Waiting for the rain you’re bringing
Here I go
Waiting for the thunder
I am not a saint
Put on your war paint
And kill me, And kill me, And kill me
Come and kill me
Come and kill me right now

( guitarsolo : ? )

Here I am
Waiting for the thunder
Waiting for the fate
I am not afraid to face you
Here I go
Waiting for the thunder
Waiting for the flame
Play your lousy game and kill me
And kill me…

Here I am
Waiting for the thunder
Waiting for the pain
Waiting for the rain you ́re bringing
Here I go
Waiting for the thunder
I am not a saint
Put on your war paint
And kill me

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

「天からの合図」

時々、私は我慢強くもなるし、大胆にもなる
ただ時々、私は怯える
時々、私は落ち込むし、冷酷にもなる
けれど時々、自信に満ち溢れる
私は過去に何度か間違いをしてしまったが、やりたかったことをやったまで
たまの、あなたを誤りへと導く光
もう一度私はそれをやった
私は悪いことをしていない

私はここにいる
雷を待っている
痛みを待っている
あなたが運んでくる雨を待っている
私はここにいる
雷を待っている
私は聖人じゃない
戦争を描くんだ
そして私を殺してください

時々、私は離れなければならない
時々は自分が浜辺に辿り着くのを知っている
時々、私は戦いたくなる
何度も私は混じり合ったけれど
命がどうなろうと、私は頭を上げて頑張り続けるだけ
時々、あなたは選択の余地なく殺さなければならない
私自信のような人間
私は悪いことをしていない

私はここにいる
雷を待っている
痛みを待っている
あなたが運んでくる雨を待っている
私はここにいる
雷を待っている
私は聖人じゃない
戦争を描くんだ
そして私を殺してください、そして私を殺してください、そして私を殺してください
ここへ来て、私を殺してください
ここへ来て、私を殺してください、今すぐ

( guitarsolo : ? )

私はここにいる
雷を待っている
運命を待っている
私はあなたとの対面を恐れていない
さぁ、行こう
雷を待っている
炎を待っている
あなたの腐りきったゲームをプレイし、私を殺してください
そして私を殺してください

私はここにいる
雷を待っている
痛みを待っている
あなたが運んでくる雨を待っている
私はここにいる
雷を待っている
私は聖人じゃない
戦争を描くんだ
そして私を殺してください

(↑ この曲が収録されているアルバム、Straight Out Of Hell です。)

解説

解説を表示する

概要

歌詞中で Thunder を連想させるのはサビの部分だけです。

もしかすると、(おそらく考え過ぎなのですが、)サビで歌われている、Waiting for the Thunder というフレーズは「Thunder という単語を待つ」という意味で用いられているのかもしれません。そう考えると、よく出来ています。

感想

メロディーは普通です。いいえ、むしろ、退屈といってもいいほどです。
けれど、〈 歌詞 〉で書いたように「Waiting for the Thunder」というタイトルについて、「Thunder」という単語を「待つ」という意味で言葉が用いられているのだとしたら、すごく面白い。

(↓ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

〈 関連記事 〉