Helloween ー Take Me Home ー Lyrics 和訳、解説付き

Lyrics

” Take Me Home “

[ Music & Lyrics : Roland Grapow ]
歌詞を表示する

Now I’m here all alone
Takin’ care of my own
Down in no man’s land
Got no friend, got no dime
Only plenty of time
Where’s the saving hand?

I got that feeling to need more and more attention
I got the fever, don’t leave me alone
I got that feeling to make more than conversation
That is the fever, where’s my home?

Take me home
Take me home
Take me home

( guitarsolo : roland )

It’s not true – what you see
Behind that mask that’s not me
Try to reach my world
Can’t you see I’m so blind
Stay with me to change my mind
No more nightmares, girl

I got that feeling to need more and more attention
I got the fever, don’t leave me alone
I got that feeling to make more than conversation
That is the fever, where’s my home?

Take me home
Take me home
Take me home

( guitarsolo : roland, weikath )

I got that feeling to need more and more attention
I got the fever, don’t leave me alone
I got that feeling to make more than conversation
That is the fever, where’s my home?

Take me home
Take me home
Take me home

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

「ホームシック」

今、私は一人きりでここにいる、自分の面倒ばかり看ている
無人島に着陸した
友人は出来ないし、小銭も得られない
たっぷりとあるのは時間だけ
救いの手はどこだろう?

私は、もっと、もっと、注意を必要とするような状態になってしまった
私は、熱病に罹ったようだ、私を一人にしないでほしい
私は、もっと、会話をしたい気分
それは熱、私の帰る場所はどこだろう?

私を家に連れて行ってほしい
私を家に連れて行ってほしい
私を家に連れて行ってほしい

( guitarsolo : roland )

それは真実じゃない、あなたの見たものは
仮面の裏側にあるもの、それは、私ではない
私の世界に到達しようとしてごらん
私が盲目というのが、あなたには、わからないのですか?
私の気分を変えるために、一緒にいてほしい
悪夢はもう、いらない、愛しい人

私は、もっと、もっと、注意を必要とするような状態になってしまった
私は、熱病に罹ったようだ、私を一人にしないでほしい
私は、もっと、会話をしたい気分
それは熱、私の帰る場所はどこだろう?

私を家に連れて行ってほしい
私を家に連れて行ってほしい
私を家に連れて行ってほしい

( guitarsolo : roland )

私は、もっと、もっと、注意を必要とするような状態になってしまった
私は、熱病に罹ったようだ、私を一人にしないでほしい
私は、もっと、会話をしたい気分
それは熱、私の帰る場所はどこだろう?

私を家に連れて行ってほしい
私を家に連れて行ってほしい
私を家に連れて行ってほしい

解説

概要

歌詞中には、熱病に罹ったから、家に帰って、ゆっくりしたい気分だ、と書かれてある。

つらい時や調子を崩している時に、休みたいと考えるのは、普通のことだ、というメッセージかもしれません。

感想

少しも変哲なところがない、素直な曲。

メロスピ。

ローランドは、こういう曲ばかり書いていればよかったのに、と思ってしまう。

彼の良さは「率直」なところ。プレイスタイルにしてもそうだし、歌詞の文体にしてもそう。屈折したところが感じられない。芥川賞作家タイプ。

〈 関連記事 〉