Helloween ー Sun 4 The World ー Lyrics(歌詞)和訳、解説付き

Lyrics

” Sun 4 The World “

[ Music : Sascha, Lyrics : Andi ]
歌詞を表示する
Forty million years ago
No one’s a boy called Leif
His skin was grey, his eyes were red
The tentacles counted five

Grown up in a normal house
His parents beloved son
There never was the slightest sign
He’d be the chosen one

Leif (No!)
Help us (No!)
Shelter us

He turns into the Sun for the world
Sun for the world
What would I say (what would I say)
Would it be me, my friend

Down on earth we see a star
Dying in it’s light
Then suddenly it all explodes
A new sun shines with Leif

Leif (No!)
Help us (No!)
Shelter us

He turns into the Sun for the world
Sun for the world
What would I say (what would I say)
Would it be me

Sun for the world
Sun for the world
What would you do (what would you do)
Would it be you, my friend

( guitarsolo : weikath )

Leif
Help us
Shelter us

He turns into the Sun for the world
Sun for the world
What would I say (what would I say)
Would it be me

Sun for the world
Sun for the world
What would you do (what would you do)
Would it be you, my friend

和訳

4000万年前
人間とみなされるような男子はいなかった
彼の肌は灰色だった、彼の目は赤色だった
触手が5本あった

普通の家庭で育った
彼の両親は息子を愛していた
少し前兆もなかった
彼は選ばれた人間だった

生命、(ちがう)
助けてくれ、(何てことだ)
私たちを守ってくれ

彼は、その世界にとっての太陽となる
その世界にとっての太陽
私は何を言うつもりだっとのだろう?
その通りになるのだろうか? 友よ

地上で、私たちは一つの星を見る
光を放っている
そして、突然、すべてが爆発する
新たな太陽が生命と共に輝く

生命、(ちがう)
助けてくれ、(何てことだ)
私たちを守ってくれ

彼は、その世界にとっての太陽となる
その世界にとっての太陽
私は何を言うつもりだったのだろう?
その通りになるのだろうか? 友よ

その世界にとっての太陽
その世界にとっての太陽
あなたは何をするつもりだったのだろう?
その通りになるのだろうか? 友よ

( guitarsolo : weikath )

生命、(ちがう)
助けてくれ、(何てことだ)
私たちを守ってくれ

彼は、その世界にとっての太陽となる
その世界にとっての太陽
私は何を言うつもりだったのだろう?
その通りになるのだろうか? 友よ

その世界にとっての太陽
その世界にとっての太陽
あなたは何をするつもりだったのだろう?
その通りになるのだろうか? 友よ

解説

概要

ストーリーはありません。文脈もありません。

生命について歌っています。地球上には、4000万年前から生命があったという内容です。

もしかすると、生物の進化についての歌かもしれません。

ちなみに、アウストラロピテクス(猿人)が、活動し始めるようになったのは、700万年前頃からと考えられています。

歌詞中に登場する生命体は、5本の触手を持ち、赤い目をしている、と書かれてありますので、人間ではありません。

感想

いい曲だと思います。おもしろい歌詞です。

和訳するまでこの曲の良さに気がつきませんでした。歌詞の世界とメロディーが一致しています。

聴けば聴くほど、耳に馴染むような曲。聴いていて心地よくなります。

〈 関連記事 〉