Helloween ー Mrs. God ー Lyrics(歌詞)和訳、解説付き

Lyrics

” Mrs. God “

[ Music & Lyrics : Andi ]
歌詞を表示する

Mrs. God, am I right?
That’s your real address?
This time it’s you
Ready to confess?
Free the masculine world
Cancel their humility

Mrs. God, can it be?
Can you be alike
One dressed to kill?
Walk on, high-heeled bride
This would state and explain
Why men are sometimes stumbling

Mrs. God are you there
Laughing at us is not fair
Mrs. God can’t you see
All that shit you’ve done to me (and us)

Mrs. God, may I say
As wild card of my kind
We were so deceived (yeah)
You’d better left us blind

Mrs. God we are cool
We take it with a smile
But don’t be cruel
Let’s add it to the file
And in some 100 years
God has always had beard

Mrs. God are you there
Laughing at us is not fair
Mrs. God can’t you see
All that shit you’ve done to me

( guitarsolo : sascha )

[ Repeat ]
Mrs. God are you there
Laughing at us is not fair
Mrs. God can’t you see
All that shit you’ve done to me

和訳

「女神様」

女神様、私は正しいのですか?
それが、あなたの住所(宛先)で、合っていますか?
今こそ、あなたが白状する番です
男性的な世界を解放し、彼らの人間性を取り消してください

女神様、そんなことが、ありうるのですか?
あなたは、殺人を企てる目的を持って着飾った人物と、似ているのですか?
歩いている、ハイヒールを履いた花嫁
これが、証拠であり、説明でもある
なぜ、人間は、ときどき、怯えるのだろう?

女神様、そこにいるのですか?
私たちを見て笑うのは、不公平です
女神様、あなたには、見えないのですか?
あなたが、私たちに、為してきた愚行が(わからないのですか?)

女神様、申し上げてもいいでしょうか?
親切心を込めたお手紙です
私たちは、ひどく騙されました
あなたは、私たちを、暗闇に、置き去りにしました

女神様、私たちは、冷静です
私たちは、笑顔で、それを手に取ります
けれど、残酷になってはいけません
それを、ファイル(の中のリスト)に加えましょう、これから数百年間ずっと
神は、いつも、(偉そうに)あごひげを生やしている

女神様、そこにいるのですか?
私たちを見て笑うのは、不公平です
女神様、あなたには、見えないのですか?
あなたが、私たちに、為してきた愚行が(わからないのですか?)

( guitarsolo : sascha )

[ 繰り返し ]
女神様、そこにいるのですか?
私たちを見て笑うのは、不公平です
女神様、あなたには、見えないのですか?
あなたが、私たちに、為してきた愚行が(わからないのですか?)

解説

女神様に、不平不満を訴える内容です。

アンディらしい歌詞です。アンディーはよくこういう歌詞を書きます。Why? とか Hey Lord! がそうです(他にもまだまだあります)。

ヴァイカートは、こういう歌詞を書きません。Born On Judgment Day (ヴァイカート作曲)とは、全く嗜好が異なる歌詞といえるでしょう。

感想

いつもの歌詞です。特に新しいことは書かれてありませんでした。和訳し終えた後に思ったのは、あぁ、いつのもね、というようなことでした。大体、アンディは、歌詞を書きまくっていて、しかも、それらの曲をアルバムに挿入しまくっているので、今になって新しい内容は出にくいのです。

「私は私」(I.M.E.)、とか、「気違いのままでいたい」(Don’t Stop Being CrazyStay Crazy)、とか、「神さま、あなたは本当に全能なのですか?」といった主旨の歌は、アンディの定番です。

〈 関連記事 〉