Helloween ー Mr. Ego (Take Me Down) ー Lyrics 和訳、解説付き

Lyrics

” Mr. Ego (Take Me Down) “

[ Music & Lyrics : Roland Grapow ]
歌詞を表示する

Take me down
To the ground
Just let me feel it
If I let someone down
Please welcome
Him on the losing side

I shake you off
And make my choice
Don’t wanna hear you
Your slimy voice
Please go down, please
I don’t wanna feel you around me

Take me down to a higher ground
To survive your mindless sound
If you know all the people
Why are you alone?
If you know all the people
(You’ll) be goin’ down

I feel that man
On my back
Don’t promise any crap
Someone will break your neck
You don’t know how
To soak my soul

Let me out
Let me go
Open your eyes
You told nothing but lies
Please go down, please
Come on, go down with your ego

Take me down to a higher ground
To survive your mindless sound
If you know all the people
Why are you alone?
If you know all the people
(You’ll) be goin’ down

Let me go ahead, let me go

( guitarsolo : roland )

I will find an explanation
Where’s my only destination

Separated ways now and forever
Is the only and only measure
Tales full of exaggerations
No more manipulations
And I think you are not funny
Your brain is just a bloated dummy

Take me down to a higher ground
To survive your mindless sound
If you know all the people
Why are you alone?
If you know all the people
(You’ll) be goin’ down

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

「勝手人間」

私を地面へ突き落す
私をそんな気にさせる
もしも誰かを貶めてもいいというなら、よろこんで、私は、彼を敗者の方へ導くだろう

私はあなたとの縁を切った
そして、私は決断した
あなたの言うことは聞かないと
あなたのねちねちした声を
お願いだから、くたばってくれ、お願いだから
私は自分の周囲にあなたの存在を感じたくない

私を貶める、高い地に
あなたの心無い音を生かすために
もしもあなたが人々についてすべてを知っているというなら
なぜあなたは一人なのだろう?
もしもあなたが人々についてすべてを知っているというなら
(あなた、というか、みんな)萎えるだろう

私は背後にその男を感じる
どんな些細なことも約束してはいけない
誰かがあなたの首をへし折るから
あなたは自分がどれだけ私の魂を不愉快にさせたかをわかっていない

私を外へ出してほしい
私を行かせてほしい
目が開けたと思えば、あなたは何も言わず、嘘ばかりつく
お願いだから、くたばってくれ、お願いだから
こっちへ来て、あなたの身勝手さと共にくたばってくれ

私を貶める、高い地に
あなたの心無い音を生かすために
もしもあなたが人々についてすべてを知っているというなら
なぜあなたは一人なのだろう?
もしもあなたが人々についてすべてを知っているというなら
(あなた、というか、みんな)萎えるだろう

私を自由にしてほしい、私を行かせてほしい

( guitarsolo : roland )

私はある見解を見つけるだろう、私に残された唯一の運命の果てに

永遠に道を分かつことだけが、唯一の方法
誇張に満ちた話
もう小賢しい真似はいらない
そして、私は思う、あなたは面白くないと
あなたの頭脳はぶよぶよに膨張しているかのよう

私を貶める、高い地に
あなたの心無い音を生かすために
もしもあなたが人々についてすべてを知っているというなら
なぜあなたは一人なのだろう?
もしもあなたが人々についてすべてを知っているというなら
(あなた、というか、みんな)萎えるだろう

単語

【bloat】
燻製にする、ふくれさせる
< Lyrics,  和訳 >
Your brain is just a bloated dummy
(あなたの頭脳はぶよぶよに膨張しているかのよう)

解説

概要

マイケル・キスク(前作までボーカルを担当していた人物)を批判する内容。

ボーカルについてではなく、人格を非難している。

あなたの脳は腐っている、という主旨。

感想

マイケル・キスクを非難する内容だということは以前から知っていたが、まさかこれほどまでに峻烈だとは思っていなかった。

あまりにも、言い回しに容赦がない。常軌を逸していると言っていいほど。

聴いているだけで伝わってこなかったのは、現在ボーカルを担当しているアンディがキスクを知らないためだと思う。(つまり、アンディは、ローランドの怒りを歌声に反映させていない。)

たしかに、私も、Keeper of the Seven Keys, Pink Bubbles Go Ape, Chameleon と3種類のアルバムを和訳してきて、キスクの歌詞に、酔っ払いの発言と似た印象を感じた。こいつは酷いと。胸くそが悪くなるくらい気色の悪いこと書く人物だと思っていた。(とはいえ、たまにはまともな歌詞も書いていた。3曲ほど。)

そして、ローランドがこれほど怒りを溜め込んでいたとは、考えていなかった。

ローランドの書く歌詞やギターのプレースタイルから察するに、彼は、物事を論理的に解釈するのは苦手だとしても、周囲の意見に流されて、これまで一緒に頑張ってきた同僚を非難するなんてことはしないはず。

余程うんざりしていたのだと思う。

〈 関連記事 〉