Helloween ー Midnight Sun ー Lyrics(歌詞)和訳、解説付き

Lyrics

” Midnight Sun “

[ Music & Lyrics :Weikath ]
歌詞を表示する

Tried so hard to understand all of your feelings
Tried to cope with your insanity
Come to think about too many ways of healing
What we lost or maybe never had

One small step into the hidden decoy
One more word is help and one will destroy

I woke up in the midnight sun
So aware damage has been done
Agony or sanctuary
Only fate will show the way

From the bright of day into the jaw of darkness
One is shoved, a victim of a lie
Friendly face turns into a fiery grimace
Suddenly feelings learn to die

Used up sympathy no chance to return
To a world one knew but wounds that will burn

Spent more time in the midnight sun
Still aware of what else has gone
Agonized and hypnotized
When will I be shown the way

( guitarsolo : roland, weikath )

Fell asleep and no midnight sun
Still aware justice has been done
No more doubts but disbelief
When the night was day
Celebration, miracle
And fate did show the way

和訳

和訳を表示する

「真夜中の太陽 〜 眠れない夜に 〜」

すべての感情をきちんと理解しよう
自分自身の狂気を上手く処理しよう
癒す方法を幾通りも考えよう
私たちが失ったもの、あるいは、今まで持っていなかった何か

隠された囮(おとり)まで、あと一歩
余計な一言が、救いにもなるし、破壊にもなる

私は、真夜中の太陽の下で、目が覚めた
そして、攻撃が為されたことに気付く
激しい怒り、でなければ、聖地
運命のみが道を示すだろう

日中の輝きから暗闇の深淵へ
ある者は弾圧され、嘘の犠牲となる
親しみのある表情がおぞましい悪面に変わる
突然、感情が死に傾倒する

共感することに慣れると、ある者が知っている世界へ引き返す機会を失う
けれど、傷は(癒えることなく)燃え上がるだろう

真夜中の太陽の下で、もっと時間を過ごそう
何か別の事が起きていると気付きつつも
激しい怒り、催眠状態の中
いつ、私は道を見付けるのだろう?

( guitarsolo : roland, weikath )

眠りに落ちる、真夜中の太陽が出ていない時に
正義が成されたと気付きながら
もう疑いはないけれど、不信は残る
夜が日中(のような明るさ)だった時
祝福、奇跡、そして運命が道を示した

単語

【cope】
うまく処理する
< Lyrics,  和訳  >
Tried to cope with your insanity
(自分自身の狂気を上手く処理しよう)

【shove】
押す、ぐいっと押す
< Lyrics,  和訳  >
One is shoved, a victim of a lie
(ある者は弾圧され、嘘の犠牲となる)

解説

概要

〈 タイトルの意味 〉
先にタイトルについて説明しておくと、Midnight Sun とは「真夜中が日中のように感じられるほど、考え事がいろいろとあって、眠ることができない」という意味で用いられています。

〈 ストーリーがある 〉
一見、脈絡がないかのような歌詞ですけれど、しっかりとしたストーリーがあります。

時は、とある日の真夜中。主人公は、悩み事が原因で夜も眠れない状態になっている人物(ヴァイカート自身)。起きてしまった出来事について、自分の感情をうまく整理しようとしています。

考え事の先にあるのは、激しい怒りか、まるで聖地にいるかのような気分であるのはわかっています。けれど、問題がいつ解決されるのかは、わかっていません。先行きは不透明。

ギターソロの後には、時間が経過していて、主人公の悩み事はすっかり解決されています。真夜中の太陽は消えています。主人公は、眠ることができています。

最後に語られているのは、

< Lyrics,  和訳  >
When the night was day
Celebration, miracle
And fate did show the way
(夜が日中(のような明るさ)だった時
祝福、奇跡、そして運命が道を示した)

ということ。これは、眠れない夜にしっかり考えたことによって、問題が解決されたという意味です。つまり、ヴァイカートが言いたいのは、悩むのは一概に悪いことだとはいえない、ということ。

感想

今回は Midnight Sun の歌詞を和訳させていただいて強く思ったのは、この歌詞の意味を理解している人がファンの中に一体どれだけいるのだろうか、ということです。

CDに附属している歌詞カードの解説には、今回私が解釈したようなことは書かれていません。だから、この曲の歌詞のことを、単なるカッコいいフレーズを並べただけのもの、と考えている人は多いはず。

というか、説明が足りなさすぎだと思う。

ヴァイカートが書いた歌詞に関しては、明確なストーリーやメッセージがある場合がほとんどなので、歌詞カードでもっと解説するべき。

ギターワークが複雑だとかいう情報は、ギターマガジンで紹介すればいいのであって、歌詞カードでは、歌詞に含まれている事情についてもっと紹介したほうがいい 。

〈 関連記事 〉