Helloween ー Longing ー Lyrics 和訳、解説付き

Lyrics

” Longing “

[ Music & Lyrics : Kiske ]
歌詞を表示する

Feelings come and go – I’ve never known,
Something longs to grow – won’t let go.
Spirits around my head – are whispering,
I turn inside instead – of wondering.

Deep inside of me – I know there’s got to be,
A different kind of truth – that sets the spirit free.
If I don’t wanna know – what’s written inside me,
How could I see anything – how could I be anything ?

Restless minds have searched – long before,
The truth will be same – for evermore.
The mightiness of trees – that you can feel,
Can give you all you need – just listen still.

Here is love and there is pain.
It’s all around, it’s all the same,
There’s nothing new that I cuold tell to you.

But still there is the universe inside of us that never bursts,
We might not know the mining yet, but I am sure we can’t reject
The truth that is in everything – that is and has been and will be.

There is a long way to go – there is a high place to know,
There is a world to go through – but there’s so much more to do
Until we’re home !

Deep inside of me – I know there’s got to be,
A different kind of truth – that sets the spirit free.
If I don’t wanna know – what’s written inside me,
How could I see anything – how could I be anything ?
Feelings come and go – I’ve never known…

( acoustic guitar : Kiske )

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

「願い事」

未知の感情が行き来する
成長を望む何か、それは、離れて行かないだろう
私の頭の周りに漂う霊魂が、囁いている
私は内側を顧みる、不思議に思いながら

内心の奥深くで、私は承知している、なるようになっていると
もう一つの真実、それは精神を自由にする
もしも私が内心で想い描いていることを知りたくないのなら
どうすればわかるだろうか?  どのように振る舞えばよいのだろうか?

安息のない心は探していた、ずっと、以前に
真実は同一、どんな時でも
あなたが感じている森林の偉大さ
あなたが必要としている物を与えよう、ただじっと聴いていればいい

ここには愛があり、痛みもある
それはどこにでもある、それはどれも同じ
私があなたに話すことについて、新しさはない

けれど、私たちの内側には宇宙が広がっている、決して爆発しない(宇宙)
私たちは知らない、まだ掘削中ということを、けれど、私は思う、私たちは拒絶できないと
真実はすべての物事に内在している、現在だって、過去だって、未来さえ

進むべき長い道がある、知るべき高みがある
通過すべき世界がある、けれど、もっとたくさんの為すべきことがある
私たちが元の場所に還るまで

内心の奥深くで、私は承知している、なるようになっていると
もう一つの真実、それは精神を自由にする
もしも私が内心で想い描いていることを知りたくないのなら
どうすればわかるだろうか?  どのように振る舞えばよいのだろうか?

未知の感情が行き来する

解説

概要

歌詞中に登場する主体は、感じるままに生きていきたいと願っている。

また、刺激的な生活を望む一方で、故郷に戻って落ち着きたいとも考えいる。

2つの考えの狭間で揺れている。

感想

悩み事の絶えない人だなと思う。

作品そのものについていえば、メロディーは聴きやすいし、歌詞は(キスクが書いた文章にしては)よく出来ている。(だから、良曲だと思う。)

この人、外すと、本当にとんでもないものが出来上がるから、何というか、ちょっと聴いただけで「いい曲」と断じるのは危険で、向き合っていて、すごく疲れる。

〈 関連記事 〉