Helloween ー If I Knew ー Lyrics(歌詞)和訳、解説付き

Lyrics

” If I Knew “

[ Music & Lyrics : Weikath ]
歌詞を表示する

Loneliness seems like an evil dream
But reality is life and life is here
Once my heart was ruled by emptiness
Harmed because of being too sincere

But now that you’ve crossed my way
Could it be we found it again

If I knew that I’m your only one
I could live and make it through time
But if one day you’d just be gone
I wouldn’t know how to ever get by

How can I make you feel secure
We’re both the same, I’m king and you are queen
Understand you make me breathe again
Tell me all your thoughts and I will see

Take my hand and we’ll be there
Together, someday, somewhere

If I knew that I’m your only one
I could live and make it through time
But if one day you’d just be gone
I wouldn’t know how to ever get by

I wouldn’t know how to ever get by

( guitarsolo : weikath )

If I knew that I’m your only one
I could live and make it through time
But if one day you’d just be gone
I wouldn’t know how to ever get by

I wouldn’t know how to ever get by
I wouldn’t know how to ever get by
I would simply break down and cry

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

「孤独な夜に」

一人きり、悪い夢を見ているかのよう
けれど、現実とは人生、そして、人生はここにある
かつて、私の心は虚しさに支配されて
傷ついた、誠実でいすぎたから

けれど、あなたが私の道を横切ってしまった今
私たちは、再びそれを見つける事ができるだろうか?

もしも、私があなたにとって唯一の存在だとわかっていたら
私は生きて、それをやり過ごすことができただろう
けれど、あなたが去っていったあの日、私はどのように受け止めればいいのかわからなかった

どうして、私にあなたを安心させられるわけがあるだろう?
私たちは似た者同士、私は王で、あなたは女王
あなた自身を理解し、もう一度、私に息をさせてほしい
あなたの考えていることすべてを私に話してほしい、そうすれば、私は了解するだろう

私の手をとって、そして、私たちは一緒にいよう、いつの日か、ある場所にて

もしも、私があなたにとって唯一の存在とわかっていたら
私は生きて、それをやり過ごすことができただろう
けれど、あなたが去っていったあの日、私はどのように受け止めればいいのかわからなかった

私はどのように受け止めればいいのかわからなかった

( guitarsolo : weikath )

もしも、私があなたにとって唯一の存在とわかっていたら
私は生きて、それをやり過ごすことができただろう
けれど、あなたが去っていったあの日、私はどのように受け止めればいいのかわからなかった

私はどのように受け止めればいいのかわからなかった
私はどのように受け止めればいいのかわからなかった
私は、ただ、崩れ落ち、泣いた

解説

概要

過去に交際していた女性について、語っている。

恋人同士だった時に、その女性のことをもっと大事な人だと思う事ができていたなら、こんなに寂しい思いをする事がなかったのに、と嘆いています。

感想

ヴァイカートが書いた歌詞にしては、表現が平易で、解釈しやすかった。

気持ちの整理がついていない感情については歌詞に含ませず、確かに思っていることだけを書き綴っていったのでしょう。

歌詞が痩せています。

最後の一文を読んで、本当につらかったのだろうな、と思いました。

I would simply break down and cry
(私は、ただ、崩れ落ち、泣いた)

〈 関連記事 〉