Helloween ー If I Could Fly ー Lyrics(歌詞)和訳、解説付き

Lyrics

” If I Could Fly “

[ Music & Lyrics : Andi ]

No fear, no pain
Nobody left to blame
I’ll try alone
Make destiny my own
I learn to free my mind
Myself I now must find
Once more
Once more

If I could fly
Like the king of the sky
Could not tumble nor fall
I would picture it all
If I could fly
See the world through my eyes
Would not stumble nor fail
To the heavens I sail
If I could fly

So here I am
In solitude I stand
I’ve got dreams inside
I need to realize
My faith has grown
No fear of the unknown
No more
No more

If I could fly
Like the king of the sky
Could not tumble nor fall
I would picture it all
If I could fly
See the world through my eyes
Would not stumble nor fail
I could ravage my jail
If I could fly

( guitarsolo : roland )

If I could fly
If I could fly
If I could fly

If I could fly
Like the king of the sky
Could not tumble nor fall
I would picture it all
If I could fly
See the world through my eyes
Would not stumble nor fail
To the heavens I sail
If I could fly

和訳

「夢飛翔」

恐怖もなく、痛みもない
誰も批判しない
私は、1人きりになろうとする
自分自身で運命を作るため
私は学ぶ、自分の心を自由にするため
私自身、今、見つけなければならない
もう一度
もう一度

もしも、空の覇者のように飛翔できたなら
つまづくことも、落ちることもなかっただろう
すべてを俯瞰しただろう
もしも、空を飛べたなら
自分の目を通して世界を見る事が出来たなら
つまづくことも、失敗することもなかっただろう
私が航海している天国まで、飛んで行けたなら

私はここにいる
孤独を感じながら、立っている
私は、夢を手に入れた、内側に
私は気付かなければならない
信仰心が強くなっていることを
未知の恐怖はない
もう(感じ)ない、もう(感じ)ない

もしも、空の王者のように飛翔できたなら
つまづくことも、落ちることもなかっただろう
すべてを俯瞰しただろう
もしも、空を飛べたなら
自分の目を通して世界を見る事が出来たなら
つまづくことも、失敗することもなかっただろう
私が航海している天国まで、飛んで行けたなら

( guitarsolo : roland )

もしも、空を飛べたなら
もしも、空を飛べたなら
もしも、空を飛べたなら

もしも、空の覇者のように飛翔できたなら
つまづくことも、落ちることもなかっただろう
すべてを俯瞰しただろう
もしも、空を飛べたなら
自分の目を通して世界を見る事が出来たなら
つまづくことも、失敗することもなかっただろう
私は自分自身の檻(おり)に復讐できただろう、もしも空を飛べたなら

解説

概要

もしも空を飛べたならいろいろなことがわかるのに、という内心の感情を書き綴っています。

また、もしも過去のある時点において、全体を俯瞰できていたら、つまらない失敗などしなかっただろうと、過去の出来事について回想しています。

感想

この歌詞、簡単そうに見えて、結構難しいと思います。

なぜ、If I could fly というタイトルに含まれている助動詞が「can」ではなく「could」 なのかは、ちょっとした英語力がなければわからないはず。

私自身は、この曲が過去の出来事ついて回想している曲だと、今まで気付きませんでした。

私にとっては難解な曲でした。

フィリピンでは人気のある曲のようですが、それはこの国が英語を公用語としているためだと思います。

〈 関連記事 〉