Helloween ー I Live For Your Pain ー Lyrics(歌詞)和訳、解説付き

Lyrics

” I Live For Your Pain “

[ Music & Lyrics : Andi ]

Unchain your obscenity
Desirable enemy
Await my enlightening
Allow what your fate can bring

Now you’re caught inside my cage
You are the object of my rage
Sin, I wash you clean again
I’m your redeemer

Cause I
I live for your pain
I live for your pain
I’m dying

My victim you are meant to be
No, you cannot hide nor flee
You know what I’m looking for
Pleasure your torture, I will endure

Now you are rust inside my cage
you are the object of my rage
Sin, I wash you clean again
I’m your redeemer

Cause I
I live for your pain
I live for your pain
I’m dying

I’ll burn in your flame
I live for your pain
I’m dying
I’m dying
I’ll burn

( guitarsolo )

Now you are rust inside my cage
You – the object of my rage
Blood I wash you clean again
I’m your redeemer
Be my believer

Cause I,
I live for your pain
I live for your pain
I’m dying

I’ll burn in your flame
I live for your pain
I’m dying
I’m dying
I’m dying
I’ll burn

和訳

「痛みの住人」

あなたの痴態を解き放とう
憎き仇
私の啓発を待ちなさい
運命がもたらすものを赦しなさい

今、あなたは、私の鳥籠の中に捕らえられてしまった
あなたは、私の怒りの対象物
罪、私はあなたが再び浄化されることを願っている
私はあなたの償還者

なぜなら、私は
私は、あなたの痛みを求めていきているから
私は、あなたの痛みを求めていきているから
私は、死につつある

私の犠牲者よ、あなたがそう
あなたは隠れることも、逃げることもできない
あなたは知っている、私が探しているものを
喜んであなたを拷問を受けよう、私は耐えるだろう

今、あなたは、私の鳥籠の中に捕らえられてしまった
あなたは、私の怒りの対象物
罪、私はあなたが再び浄化されることを願っている
私はあなたの償還者

なぜなら、私は
私は、あなたの痛みを求めていきているから
私は、あなたの痛みを求めていきているから
私は、死につつある

私は、あなたの吹く炎で焼かれるだろう
私は、あなたの痛みを求めて生きている
私は、死につつある
私は、死につつある
私は、燃えるだろう

( guitarsolo )

今、あなたは、私の鳥籠の中に捕らえられてしまった
あなたは、私の怒りの対象物
罪、私はあなたが再び浄化されることを願っている
私はあなたの償還者

なぜなら、私は
私は、あなたの痛みを求めていきているから
私は、あなたの痛みを求めていきているから
私は、死につつある

私は、あなたの吹く炎で焼かれるだろう
私は、あなたの痛みを求めて生きている
私は、死につつある
私は、死につつある
私は、燃えるだろう

単語

【obscenity】
卑猥さ、猥褻(わいせつ)さ
< Lyrics,  和訳  >
Unchain your obscenity
(あなたの痴態を解き放とう)

【enlightening】
啓発する、教え導く
< Lyrics,  和訳  >
(私の啓発を待ちなさい)

【redeemer】
買い戻す人、償還者、救世主
< Lyrics,  和訳  >
I’m your redeemer
(私はあなたの償還者)

解説

概要

主人公は、人間の痛みを糧に生きている「痛み」。概念です。

自分について「死につつある」とか「焼かれる」などと言っているのは、人間にとって、痛みは次第に移ろうものだから。死んでしまえば、なおさらです。

もしかすると、死ぬと、痛みを感じなくて済む、ということなのかもしれません。

感想

よくている歌詞です。メッセージは沈鬱ですけれど、婉曲的に表現してあり、ユーモアのある冗談として受けることができます。

今回、和訳してみて、すごく好きな曲(になりました)。

メロディーもかっこいい。無駄がありません。

〈 関連記事 〉

コメントを残す