Helloween – Heroes – Lyrics(歌詞)ー 和訳 – 解説付き

Lyrics

〈 Music & Lyrics : Sascha 〉

歌詞を表示する

” Heroes “

Look, the homeless on the street
The little shoeblack on his knees
A good heart and the daily fighter
Policemen, gangster and the priest
Wheelchair woman on her feet
Chinese smoker with his dragon lighter

They’re all fighting through their lives
Against their enemies
Reaching out for the light

Everyone can be a hero
We are, we are
Sometimes up then down to zero
We are, we are
Heroes, heroes

Look this old man’s only teeth
When he smiles underneath
Searching for some food on the ground
The musician at the store
Selling his guitar for naught
It’s rent that matters not the sound

They’re all fighting through their lives
Against their enemies
Reaching out for the light

Everyone can be a hero
We are, we are
Sometimes up then down to zero
We are, we are
Heroes

( Guitarsolo : sascha )

Everyone can be a hero
We are, we are
Sometimes up then down to zero
We are, we are
Heroes
Everyone can be a hero
We are, we are
Sometimes up then down to zero
We are, we are
Heroes, heroes

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

” 英雄たち “

見るんだ、道端のホームレスを
彼らの膝には小さな靴磨きの道具がある
善良な心、毎日闘う者
警察官、ヤクザ、教皇
車椅子に乗った女性
龍柄のライターを使う中国人のチェーンスモーカー

彼らは皆、生きていくために戦っている
彼らの敵と
光を求めて

みんな英雄になれる
私たちは、私たちは
ときどきゼロへ向かって上下する
私たちは、私たちは
英雄たち、英雄たち

この老人を見るんだ、歯が一本だけ
彼が笑う時
地面に落ちている食べ物を探している
店の中にいる音楽家
ギターを売っている
それは借り物、問題は音質じゃない

彼らは皆、生きていくために戦っている
彼らの敵と
光を求めて

みんな英雄になれる
私たちは、私たちは
ときどきゼロへ向かって上下する
私たちは、私たちは
英雄たち

( Guitarsolo : sascha )

みんな英雄になれる
私たちは、私たちは
ときどきゼロへ向かって上下する
私たちは、私たちは
英雄たち
みんな英雄になれる
私たちは、私たちは
ときどきゼロへ向かって上下する
私たちは、私たちは
英雄たち、英雄たち


(↑ この曲が収録されているアルバム、My God-Given Right です。)

解説

解説を表示する

〈 歌詞 〉
曲のタイトルには「Heroes(英雄たち)」という言葉が使われていますが、この曲で描かれているのは英雄の姿ではなく、貧困者の生活です。私たちと同じように、彼らも生きていくために必死だと書かれてあるのです。

そして、誰もが「英雄」になれると歌っています。

ロマンティックなところがサシャらしいです。

〈 マスタープランが作った「Heroes」との比較 〉
Helloweenの元メンバーだったローランド・グラポウとウリ・カッシュも「マスタープラン」というバンド名義で同様のタイトルの曲を書いています。その曲は彼らがHelloweenを脱退した後に発表されました。ボーカルにはマイケル・キスクがゲストで登場するということで評判になりました。(ただし、私が音源を聴いたかぎりでは、マイケル・キスクの歌声は全く聴こえてきませんでした。)
そして、その曲は堂々としていてかっこいい曲でした。

その曲と今回のサシャが書いた曲を比べると、雰囲気は良く似ています。どちらとも堂々としているのです。異なるのは音の厚みというか、深さというか、濃度というか。

Helloweenの「Heroes」の方が重厚です。

〈 感想 〉
シンプルで、わかりやすくて、カッコイイと思います。


  ●・○・●・○・●・○・●・○・●


(↑ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

〈 関連記事 〉

コメントする

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。