Helloween ー Dr. Stein ー Lyrics 和訳、解説付き

Lyrics

” Dr. Stein “

[ Music & Lyrics : Weikath ]
歌詞を表示する
Once they killed his monster when it went into a trap
now he’s making better ones on a higher step

On a warm summer day the doctor went away
to a place where he could make it real
his assistant’s hips were nice
so he cloned her once or twice
now his hips are aching what a deal

Dr. Stein grows funny creatures
lets them run into the night
they become
great rock musicians
and the time is right

Sometimes when he’s feeling bored
he’s calling it a day
he’s got his computers and they do it their own way

They mix some DNA, some skina and a certain spray
you can watch it on a laser screen
and the fellow’s blue and grey
or sometimes pink and green
just check it out on Halloween

Dr. Stein grows funny creatures
lets them run into the night
they become
great politicians
and the time is right

( guitarsolo : weikath, kai, weikath, kai )

One night he cloned himself
put his brother on a shelf
but when he fell asleep that night
it crept up from behind and thought “well never mind”
took a syringe and blew out his life

Dr. Stein grows funny creatures
lets them run into the night
they become
a great possession
and the time is right

Dr. Stein grows funny creatures
lets them run into the night
they become
a great oppression
and the time is right
time is right…

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

「シュタイン博士」

ある日のこと、彼らは博士の開発した怪物を殺した、そいつが罠に掛かってしまったから
今、博士はもっとマシな物を作っている、以前よりも高度な方法で

ある暑い夏の日、博士はある場所へ向かった
そいつを本物に変えられる場所に
博士の助手のお尻はとても魅力的だった
だから彼は彼女を複製した、一度か二度
今では、彼は腰痛持ち、なんという悪事だろう

おもしろい生き物を育てているシュタイン博士は
その生き物たちを夜の世界に送り込む
彼らは偉大なロックミュージシャンになる(だろう)
時は来たり

たまにではあるが、退屈を感じている時には
博士はそいつを一日中呼び出すこともある
博士はコンピューターを使い、彼らを好きなようにさせる

彼らは遺伝子を配合し、皮膚を作り替え、塗料を吹き付ける
あなたはそいつをスクリーン上で見ることができる
そして、その男は、青色や灰色に
または、ピンク色や緑色に変化する
きっとハロウィンの夜に、そいつの姿を見つけられるはず

おもしろい生き物を育てているシュタイン博士は
その生き物たちを夜の世界に送り込む
彼らは偉大な政治家になる(だろう)
時は来たり

( guitarsolo : weikath, kai, weikath, kai )

ある晩、博士は自分自身を複製し
複製を棚の上に載せておいた
けれど、夜も更けて博士が眠りに落ちたとき
そいつは背後から忍び寄り、「知ったことか」と考えるに至り
注射器を手に取り、博士の命にとどめを刺した

おもしろい生き物を育てているシュタイン博士は
その生き物たちを夜の世界に送り込む
彼らは偉大な権力者になる(だろう)
時は・・・

おもしろい生き物を育てているシュタイン博士は
その生き物たちを夜の世界に送り込む
彼らはとんでもない暴君になる(だろう)
時は来たり

単語

【syringe】
a device used to infect gases or liquids into or withdraw them from something  注射器
< Lyrics >
took a syringe and blew out his life
(注射器を手に取り、博士の命にとどめを刺した)

【oppression】
something that oppresses; esp (an) unjust or cruel exercise of power or authority  暴君
< Lyrics >
a great oppression
(とんでもない暴君)

解説

概要

〈 ストーリー 〉
主人公は生物実験に励むシュタイン博士。

博士は、女性の助手や高度な知能を持つ人間など、様々な生き物の複製を作るのだが、ある日、自分自身の複製をも作ってしまう。そして、その晩のうちに、自分の複製に殺されてしまう。

〈 4人の複製 〉
サビの部分で登場する複製には、ロックミュージシャン、政治家、権力者、暴君がある。初めから3人目(権力者)までは人から尊敬を集める人物なのだが、4番目の暴君(oppression)は悪者としかいいようがない。

物語に落ちをつけているといえし、あるいは、クローン人間なんて馬鹿げているという主張かもしれない。

〈 アンケート 〉

差し支えなければ、アンケートにご協力お願いします。

あなたは、この曲(Dr. Stein)を、どれほど好きですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Dr. Stein の歌詞を読んだ後に思ったことのうちで、最も近いことは、以下の内どれですか?

View Results

Loading ... Loading ...

感想

Rise And Fall を和訳した時にも感じたことだが、こんな歌詞を書くなんて、ヴァイカートは余程の空想人なんだと思う。

不思議なのが、非道なことについて書かれてあっても、それが悪い目的で書かれたものではないと感じられること。

〈 関連記事 〉