Helloween – Creatures In Heaven – Lyrics(歌詞)- 和訳 – 解説付き

Lyrics

〈 Music & Lyrics : Weikath 〉

歌詞を表示する

” Creatures In Heaven “

Are you waiting on something profound in your life?
Something to touch your core?
Making up for what seems millions of years
Reaping the goods, but not sure…Come along, come along
Can you see there’s more?
Not just defeat vain attempts to do things right
More than the toil to endure each day
Or the ache you forget and leave behindIf creatures roamed the space in heaven
They’re angels, beasts, or supermen
Do they ease attaining things
No one believed you’d achieve?
So once you may ascend to heaven
Someone there has made it so
You could be the one they’ve been waiting forStill running about seeking sense in your life
What you couldn’t make count before
Taking much of your time is grieving about things
Well, you could care less, what’s that for…

Come along, come along
Can you see there’s more?
Not just defeat vain attempts to do things right
More than the toil to endure each day
Or the ache you forget and leave behind

( Guitarsolo : weikath, sascha, twin )

Come along, come along
Can you see there’s more?
Not just defeat vain attempts to do things right
More than the toil to endure each day
Or the ache you forget and leave behind

If creatures roamed the space in heaven
They’re angels, beasts, or supermen
Do they ease attaining things
No one believed you’d achieve?
So once you may ascend to heaven
Someone there has made it so
You could be the one they’ve been waiting for

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

「空を飛ぶ生き物」

あなたは自分の人生に深く関係している物を待っているのか?
あなたの核心に触れる何かを?
何百万年も続いているものを手掛けている
物を跳ねさせる、けれどそうではない

続けること、続けること
あなたは存在している物の正体を見ることができるか?
闇雲に負かそうとせず、物事を上手く成そうとすればよい
毎日くだらないことに耐えるよりも
さもなくば痛みが、あなたの忘れた、そして後ろに置き去りにした痛みが

もしも生き物が天国で彷徨ったなら
彼らは天使、野獣、あるいは超人、かもしれない
彼らには気の赴くままに狩りをさせよう
誰もあなたの成したことを信じないのか?
それならきっと、あなたは天国に行けるかもしれない
そこにいる誰かがそうしてくれるだろう
あなたは彼らが待ち続けた人物だったということ

あなたは自分の人生に課された使命を求めてずっと走り続けている
以前は把握できなかったもの
しっかりと時間をかけることが、つまり物事を切望している証拠
よろしい、あなたは気にしなくてもいい、それは何のためにあるのだろう

続けること、続けること
あなたは存在している物の正体を見ることができるか?
闇雲に負かそうとせず、物事を上手く成そうとすればよい
毎日くだらないことに耐えるよりも
さもなくば痛みが、あなたの忘れた、そして後ろに置き去りにした痛みが

もしも生き物が天国で彷徨ったなら
彼らは天使、野獣、あるいは超人、かもしれない
彼らには気の赴くままに狩りをさせよう
誰もあなたの成したことを信じないのか?
それならきっと、あなたは天国に行けるかもしれない
そこにいる誰かがそうしてくれるだろう
あなたは彼らが待ち続けた人物だったということ

あなたは自分の人生に課された使命を求めてずっと走り続けている
以前は把握できなかったもの
しっかりと時間をかけることが、つまり物事を切望している証拠
よろしい、あなたは気にしなくてもいい、それは何のためにあるのだろう

続けること、続けること
あなたは存在している物の正体を見ることができるか?
闇雲に負かそうとせず、物事を上手く成そうとすればよい
毎日くだらないことに耐えるよりも
さもなくば痛みが、あなたの忘れた、そして後ろに置き去りにした痛みが

( Guitarsolo : weikath, sascha, twin )

続けること、続けること
あなたは存在している物の正体を見ることができるか?
闇雲に負かそうとせず、物事を上手く成そうとすればよい
毎日くだらないことに耐えるよりも
さもなくば痛みが、あなたの忘れた、そして後ろに置き去りにした痛みが

もしも生き物が天国で彷徨ったなら
彼らは天使、野獣、あるいは超人、かもしれない
彼らには気の赴くままに狩りをさせよう
誰もあなたの成したことを信じないのか?
それならきっと、あなたは天国に行けるかもしれない
そこにいる誰かがそうしてくれるだろう
あなたは彼らが待ち続けた人物だったということ


(↑ この曲が収録されているアルバム、My God-Given Right です。)

解説

解説を表示する

歌詞

まず、この曲は仮定によって成り立っています。というのはサビの一文

If creatures roamed the space in heaven

が仮定法だからです。もしも、天国で生き物が彷徨ったなら、と書かれてあります。

そして、その「生き物」の正体は、私たちにはわかりません。このことは次に続く一文から明かです。

They’re angels, beasts, or supermen
(天使かもしれないし、野獣かもしれないし、あるいは超人かもしれない。)

そして、リスナーは「生の人間」です。もしもあなた(リスナー)が信仰心を強めたなら、彼ら(天使、野獣、超人)のいる天国へ行けるかもしれず、もしも天国へ行けたなら、あなたは彼らが待ち望んでいた人(Heroes : 英雄)だと歌っています。

本アルバム一曲目の「Heroes」と言葉が結びついているのは、偶然だと思います。というのは、Heroes の作詞者はサシャだからです。今回の曲はヴァイカートが作詞しました。曲はあらかじめ、ある程度出来上がった状態で録音スタジオに持ち込まれますので、土壇場で歌詞を大幅に変更するのは、メンバーにとってかなりの面倒事なはず。

あるいは、事前にデモ音源を交換していたことによって、2つ曲に関連性ができたのかもしれません。

感想

前曲までの重苦しさとは対照的といえるほど、明るい曲です。けれども、今になってアルバムの雰囲気を改めるのは難しいようです。この爽快な曲を聴き終わったですら、開放的な気持ちになれません。

歌詞は解釈しやすく、メロディーは聴きやすいです。単体で聴くなら感動できる曲なのでしょう。けれど、本アルバムの中では、少し浮いている気がします。曲順が悪いのかもしれません。

 
●・○・●・○・●・○・●・○・●


(↑ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

〈 関連記事 〉