Helloween – Burning Sun (Hammond Version) ー 和訳 ー 解説付き

Lyrics

He shows disdain for all this world
Dreams of spaceships, to raise him high
What’s in his head’s made of fantasies
Celestial bodies, all kinda stars

In a different time he’d fly, leave his pretty life behind
Pass all planets, make his way through our galaxy – and

Gape in awe at the burning sun
A tangled mesh, insane, divine
Near infinite mighty source
Of a day not bound to end

Spends his days on a cloud it seems
Go and nudge him, ask what it’s like
He’d smile and turn, as if tantalized
Concealing something, ain’t there for real

His illusions make him see his wildest dreams come true
Quite the helmsman, his hands clenched on some steering wheel and

Gape in awe at the burning sun
A tangled mesh, insane, divine
Near infinite mighty source
Of a day not bound to end

( guitarsolo : twin, weikath )

Gape in awe at the burning sun
A tangled mesh, insane, divine
Near infinite mighty source
Of a day not bound to end

Gape in awe at the burning sun
A tangled mesh, insane, divine
Near infinite mighty source
Of a day not bound
A day not bound
A day not bound to end

和訳

翻訳者:MIZ

「灼熱の太陽」

彼はこの世界すべてを嘲ている
宇宙船の夢、彼を高みに上昇させる
空想で一杯の頭脳の中には何がある
聖なる肉体、全種類の星たち

異る時間に、彼は飛んだ、自分の肉体を置き去りにして
全ての惑星を通過し、自分のやり方で銀河を通り抜けた、そして

燃え上がる太陽の偉大さに呆然とする
複雑に絡み合うネット、狂気、信者
無限大に近い巨大な源
終わりに拘束されない全日

彼はずっと曇の上で過ごしているようにに見える
行って、礼儀正しく触れ、何が好きなのか聞くんだ
彼は微笑み、振り返った、まるで何かを切望しているかのよう
何かを隠している、現実では考えられないもの

燃え上がる太陽の偉大さに呆然とする
複雑に絡み合うネット、狂気、信者
無限大に近い巨大な源
終わりに拘束されない全日

( guitarsolo : twin, weikath )

燃え上がる太陽の偉大さに呆然とする
複雑に絡み合うネット、狂気、信者
無限大に近い巨大な源
終わりに拘束されない全日

燃え上がる太陽の偉大さに呆然とする
複雑に絡み合うネット、狂気、信者
無限大に近い巨大な源
終わりに拘束されない全日
拘束されない全日
終わりに拘束されない全日

解説

歌詞

歌詞については、本編のバージョンと全く同じです。違うのはサウンドです。

感想

一風変わったキーボードの音が聞こえてきます。「ハモンド」という意味についてはよくわかりませんが、まぁ、字面から推察するに「いろいろな音がミックスされた」という意味でしょう。
Burning Sun は何度も聞きたくなるような曲ですので、アルバム中に2曲入れるくらいが丁度だと思います。
ハロウィンのアルバムはボーナストラックも面白いです。ファンを楽しませようとする意図が伝わってきます。

 

コメントを残す