人気者イーサンの企画がおもしろ過ぎる

2019.7.30

こんにちは、MIZ です。いつもお疲れさまです。

世間はすっかり夏休みモードです。町へ行けば、普段は空いているお店でも、なんとなくお客の数が多くて店内が賑やかな様子です。暑くなると人間は活動したくなる、ということなのかもしれません。

動画というのはおもしろいもので、目や精神にとってかなりの刺激となります。画面の中で絵が動いているだけなのに、笑えたり、悲しくなったりします。

しかしながら、だらだらと見ていると、用もないのにそのサイトの他の動画をクリックしてしまいます。長時間見ていると眼が痛くなりますし、目的もなく動画を見続けるのは時間の無駄ですので、動画との向き合い方については常に考えていく必要があると思います。

ー YouTube がすごく使いやすい

私がよく利用する動画サイトは、youtube です。素人が作成した動画などがアップロードされており、誰でも無料で視聴することができます。

youtube の使いやすいところを挙げると、以下のようになります。

  1. 好きなチャンネルを登録できる
  2. チャンネルの登録解除が簡単
  3. 注目しているユーチューバーの最新動画が配信された時、すぐにわかる仕様になっている
  4. 関連動画の精度が高く、おもしろそうな動画がサイドメニューに自動で表示されるようになっている
  5. 広告は表示される使用だが、ブラウザのエクステンション機能によって非表示にできる

率直にいって、かなり使いやすいです。

おもしろい動画を見つける方法はいろいろとあるとは思います。利用者の数だけある、といっても過言ではないかもしれませんね。

私は、気になっているユーチューバーがいたなら、とりあえずチャンネル登録してみて、2週間くらいかけてざっくり見ます。それで、「面白いけれど底が浅そうだな」と思えば、登録を「解除」します。そうしていくうちに、独自の試聴チャンネルリストが出来上がり、さらには、おおまかにユーチューブ内の雰囲気を察することができるようになります。

MIZ が現在登録しているのは、

  • ラファエル
  • カジサック
  • 毎週キングコング
  • ファビオ
  • はじめしゃちょー
  • GTX660 AlmostBroken(バイオハザードの攻略動画)

・・・あとはほとんど見ていない動画チャンネルが6つあります。ユーチューブ内の雰囲気が知る目的で、とりあえずチャンネル登録だけしています。新着動画が配信された時にタイトルだけ目に入るようになっています。

トータルで「12」チャンネルです。(みなさんはどれくらいありますか?)

なかでも、ダントツでおもしろいと思うのが、ラファエルチャンネルの動画です。

それで、ユーチューバーが投稿する動画には、当然「当たり」「ハズレ」があるのですが、ラファエルチャンネルの動画に関しては、当たりの確率が高いです。

で、次に書くことは、チャンネルを毎回チェックしているとわかることなのですが、ラファエルの設立した会社の「イーサン」というマネージャーがいて、頻繁に動画に登場しています。このイーサンの企画している動画が、めちゃくちゃ面白い。

逆に、ラファエルの企画した動画は、はっきりいってつまらないです。だから、ラファエルチャンネルから「イーサン」が消えたら、私はラファエルチャンチャンネルの登録を「解除」するはずです。それだけ、イーサンの企画はおもしろい。

イーサンの企画する動画の特徴

どうしてこんなにおもしろいのだろう、と考えてしまうほどの内容なのですが、イーサンの企画した動画の特徴を上げるとすれば、以下になります。

  1. ラファエルを精神的に追い詰めるような内容
  2. 動画内で、上司(ラファエル)に叱責されることを何とも思っていない
  3. 見た目のキレイな女性をかなりの頻度で使っている
  4. 動画のために惜しみなく大金を使っている
  5. ラファエルが築いた人脈を上手く利用している

と、これらのことからいえるのは、イーサンは知力の高い人間だということです。動画内でも「IQ が高い」「賢い」「優秀」と周囲から言われ、今では、「一流のマネージャー」としてユーチューブ界での人気を集めています。

並の人間にはできないことをラファエルに対して仕掛け、動画にし、試聴者を楽しませてくれるのがつまり「イーサン」なのです。

ー イーサンはアンチ

ところで、イーサンは、ラファエルのアンチとして有名です。ユーチューブで成り上がったラファエルが折角手に入れた高級車(ランボルギー二、ベンツ)を、事前にラファエルからの許可を得ることなく、問答無用で売っていきます。車の所有権は会社の名義になっているはずなので、マネージャーであるイーサンは、これらの車を自分の意思で売却できるという仕組みです。法的な細かい事情は動画内で説明されません。

法的な決まりを「知っていることを前提とした企画」というところが、面白かったりもします。大人が楽しめる動画になっているのです。

ところで、ラファエルというキャラクターは、典型的な成金であり、見ているとむかつくような仕草や聞いていると腹の立つような言動を彼なりのユーモアを交えてカメラの前で披露します。ガッツリお金を稼ぐ分、使う額も半端ではありません。夜の街で、お金にモノを言わせ、様々なことを愉しんでいます。身の回りにいると不愉快な人物であることは間違いないでしょう。ついでにいうと、ラファエルは、「死ね」「殺す」などという物騒な言葉を、口癖のように発します。

ラファエルはおもしろいキャラクターである反面、こてんぱんにやっつけたくなるキャラクターでもあるのです。

こういう視聴者の欲求に答えているのがつまり「イーサン」なわけです。

イーサンがいることによって、視聴者はラファエルのやること為すことに対していちいち嫉妬しなくてすみます。

ー これからイーサンにしてほしいこと

イーサンが有能な人物だというのは、明らかです。もっと何かをしてほしいと、期待してしまうような人物です。甲子園で活躍している野球選手に対して「プロになって活躍すればいい」という想いを抱いてしまうのと似ています。

イーサンは、ラファエル動画の枠に囚われずに、もっと自分の才能をいろいろと試してみてもいいんじゃないかな、と思ってしまうのです。彼なら、プライベートで新しくチャンネルを設立してもすぐに生活費を稼いでいくほどの収益を出すことができるはずです。もう既にかなりの人気者なわけですし、彼の才能に注目しているコアなファンもついています。

ラファエルチャンネルのマネージャーの在任期間は、長くて1年だといいます。ラファエルは、人材を使い捨てにします。「お前、クビ」という単語がラファエルの口癖です。以前のマネージャーだったジャン君は、ラファエルからさんざん暴言を浴びせられた挙句、本当にクビになりました。ヒドい話でした。(とはいえ、ジャン君は本当に使えなかった説があったことは確かです。)

だから、もういっそのこと、イーサンは自らラファエルの会社を飛び出せばいいのかな、と思っています。そういうのも、ありかな、くらいの気持ちです。

手順としては、

  1. イーサンが新しく自身の動画チャンネルを開設する
  2. 登録者数が爆発的に増えていく
  3. ラファエルチャンネルの登録者数を超える
  4. ラファエルに対して「こんな会社辞める」ドッキリを仕掛ける
  5. ラファエルがイーサンに対して「というか、お前、クビ」と発言する
  6. 本当にイーサンがラファエルの会社から退社する
    1. という流れでいいかと思います。

      放っておくとどんどん人が辞めていく会社なのだから、いつかはイーサンもラファエルの会社を去る時が来るはずです。ようするに、今か」、まだまだ先の将来かという「タイミングの問題」なのです。

      私は半年後でいいと思います。1年で退社(クビ)くらいがちょうどいいはず。

      これからもイーサンとラファエルの関係には注目していきたいと思います。(ラファエルを何度も病院送りにしてくれることを心から願っています。)

      以上です。

      〈 関連記事 〉

コメントする

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。