鳥から学ぶ 健全な性欲

こんにちは、MIZです。いつもお疲れさまです。

今日は「性欲」について書いていきます。

スズメです。

スズメは可愛いですね。鳴き声といい、姿といい、見ていると心がなごみます。そうしてつい観察してしまいます。

どうして、あんなに気持良さそうなのだろう、と思ってしまいます。

また、いつも気持良さそうにしているものだから「いつも最高のセックスをしているに違いない」とつい羨しく思ってしまいます。

こんなことを考えてしまうのは、私の性生活が「最高ではない」からなのでしょう。鳥を見て、羨しく思ってしまうのです。

セックスしたるなる

私たち人間は、放っておくと性行為をしたくなります。男性でも女性でもセックスしたくなります。

私だってそうですし、この記事をご覧になっている方もセックスしたくなる時はあるでしょう。

生き物である以上、異性と性行為したくなるのは「健全」なことです。

しかしながら、ストレスがたまれば、一般人から見て「異常」としかいいようのない性行為を求めることもあります。それは、強姦であったり、児童を相手するプレイだったり、その形には様々なものがあります。

人間はみんなが皆、人格者ではありませんし、強くもありません。弱い人だっていますし、強い人だって時には弱くなります。

エロ動画、風俗

たまにはストレスを発散しなければいけないのです。そこで登場するのが、「エロ動画」や「風俗」です。性的に魅力的な異性(プロ)があなたの緊張した心を和らげてくれます。

しかしながら、そこで行われるのは「演技」です。本物の愛情は存在ません。あるのは打算ばかり。

自然ではありませんので、性処理の目的を達成できたとしても、心はストレスを抱え続けます。

自然界で生きる鳥

ところで、自然界で生きる鳥にとっては「エロ動画」「風俗」といったものがありません。性処理をアシストする専門家がいないのです。

動物の毛を咥えるスズメ。巣を作るためです。

もしも自らの性癖に違和感がおありならば、鳥を観察するのをおすすめします。

自ら性器をイジることはありませんし、お金を払ってプロに慰めてもらうこともありません。「この姿」が、つまり性的に「健全」な状態です。

とはいえ、そう言い切ってしまうと様々な問題が生じるでしょう。鳥は避妊具を使用しません。避妊具なしで行うセックスこそが「健全」という論理になりかねません。

理想と現実には差があります。

おすすめするのは

自らの性癖を修正したいとお考えの方におすすめするのは、自然を観察することです。お金は掛けなくて結構です。むしろ、お金を掛けない方がよいかもしれません。

鳥たちを観察していれば、生物にとって健全な状態がわかります。鳥は「エロ動画」を見ませんし、「風俗」にも通いません。夜になれば寝て、朝は早くから目を覚まして餌を探しに外へ出ます。嵐の日には巣でじっとしています。

自然界で生きる生物たちは、単純で当たり前のことを淡々とこなしています。

その当たり前を自らの生活に取り入れることができれば、あなたの悩みは少しずつ大気中へと発散されてゆくでしょう。

以上、MIZでした。

春、鳥から学ぶ、狩りの方法

こんにちは、MIZです。いつもお疲れさまです。

今回は「鳥」について書いていきます。

春になると気温が暖かくなり鳥が活動し始めます。朝のまだ外が暗いときに外へ出てみると、鳥の鳴き声がはっきりと聴こえてきます。

鳥は明け方にでもちゃんと目を覚ましていて、仲間同士で鳴き声を聴かせ合っているのです。

どうして朝早くから活動するのかというと、ただ生きていくためです。餌を見つけるために、早くから活動し始めるのです。

私は鳥の専門家ではないし、生物について研究しているわけでもないので、具体的に例を挙げながら話をするわけにはいきません。けれど、鳴き声を聴きながら彼らの様子を観察しているだけでも相当のことが分かります。

私は自分が生きていくために鳥たちの行動を観察しています。自然界で生きる生物は苛酷な環境で生きているためか、動きに無駄がありません。単純に姿が美しいですし、動くから目に付くというのも観察する動機です。また、鳴き声が聴こえて来る時には、耳にうるさく感じる時もありますので「どうして鳴いているのだろう」と思ってしまうのです。

群れで行動している

雀とカラスを見ていますと、彼らは巣から離れる時には群れで行動していることがわかります。巣はそれぞれ離れた場所にあるのかもしれませんが、 外で狩りをするときには一旦合流します。

どうして複数で行動するのかというと、喰いはぐれないためです。単独で行動していると、どうしても無駄な動きをしてしまうのでしょう。お互いに注意し合いながら、餌を探してまわります。

人間も複数人で連携しながら生活の糧を得ています。道具を作る人、道具を使う人、売る人、買う人など、それぞれの分野に専門家がいて、各々の仕事の範囲を自分たちなりに考えながら、他の分野の専門家と協力し合います。

集団で行動するという性質において、雀、カラス、人間は同類です。

色、模様

鳥類の色は自然界にあるものばかりです。外敵に見つけられやすい色をしていては殺されてしまうから、周囲の風景と同化するために保護色を身に纏っています。

模様についても同様で、自然界にあるようなものばかりです。雀についていえば、土と枯れ草を混ぜたような模様です。カラスについていえば、暗闇の黒です。田んぼにいる雀を見つけるのは難しいですし、夜になるとカラスは見えにくくなります。

身を守るために都合のいい衣を纏っているのです。

狩りをする時も、相手に気づかれにくくなります。

そして、同じ種は同じ模様をしています。仲間を識別するためには相手の見た目を見ればそれだけで済むようになっています。

ところで、雀やカラスは自分の姿を見ることができません。なので、自分と似ている生物を探すことはできません。彼らは周りにいる仲間と同じ見た目の生物を探しているのです。

人間は鏡を利用して、自分の姿を自ら把握し、さらに自らを繕います。専門家同士の間に入っていけるように身だしなみを整えます。それだけ高等な生き物なのです。

狩りの基本

でも、狩りについて考えれば、基本は同じ。

見た目について言えば、まず「相手に気付かれにくい格好」であることが第一条件。

次に、「集団で行動する」こと。あるいは、仲間に気遣いながら行動する、といっても良いでしょう。

シンプルですが、「見た目」と「仲間(の存在)」は生活していくためには重要です。

もしも生活していくのが苦しいなら、自分の「見た目」と「仲間」の性質をよく観察するべきです。

自分で気づき、改善していくことが技の上達に繋がります。

ノースポールの育て方、性質、冬のガーデニングといえばこの花

ノースポールギク
別名、カンシロギク(寒白菊、学名: Leucanthemum paludosum)

キク科フランスギク属

半耐寒性

多年草

高温多湿に極端に弱いため、日本では一年草として扱われています。

ノースポール
花色は白のみです。

形態・生態

草丈は15cm-25cmほど。矮性でよく分枝します。

まだ寒い12月ごろから翌年6月までの長期間、マーガレットによく似た白い花を付けます。芯の管状花は黄色。

分布

原産地はアフリカのアルジェリア周辺ないしはヨーロッパ。地中海沿岸に広く分布。日本へは1960年代に入って輸入されました。

性質

比較的強健で、こぼれ種でもよく増え、雑草混じりの場所などでもよく育ちます。しかし、市販品のタネから育てるときは、タネの数が少ないので、浅鉢にまき、覆土しないか、タネが隠れる程度に覆土して、鉢底から吸水させましょう。蒔き時は東京付近で9月中旬から10月上旬、日のよく当たる場所を好み、乾き気味に管理します。過湿は根腐れの原因となります。日本では6月頃までよく咲きます。

肥料

開花期間中、月に2~3回程度、追肥します。肥料は少なめでも育ちます。肥料が足りなくなると、葉が黄色くなったりすることがあります。

病害虫

葉がいつまでも乾かないと、灰色かび病や立ち枯れ病になることがあります。特に冬場の水やりは午前中に行って、夜まで葉が濡れていない状態にするとよいでしょう。暖かくなり、苗が弱り気味になると、アブラムシがつくことがあります。

ノースポールの育て方

ノースポール
菊の花らしく、トゲのあるような葉模様です。

選び方

背丈の大きいものが良い苗とは限りません。きちんと全体を見て、また細かな部分も見てから苗を手に取りましょう。一目で良い苗かわかるのは葉の色です。緑の濃いものは成長の見込みがあるので手に取って間違いありません。また、土にほど近い部分まで葉が成長してるとより良いでしょう。花が付いていてもまたすぐに別の場所から花が咲いてくるので問題はありません。

種まき

ノースポールの発芽適温は、15度~20度です。9月の後半以降が最も発芽率がよいでしょう。残暑が厳しいと、管理の過程でうまくいかないことがあります。プランターを用意し10cmほどの等間隔で種を蒔いて、発芽し葉の成長も安定した時に植え替えを行います。

植え付け

植え付けは秋の気候が安定しているうちに行います。霜が降りだしてからの地植えは、植え付けたとたんに根がやられてしまう可能性があります。ノースポールは鉢植えでも地植えでも栽培可能です。寒さに弱くありませんが、雪の酷い場所では室内で育てるのが良いでしょう。植え付けする時は茎の根元まで土をかけてください。

剪定・切り戻し

秋から植え付けたノースポールは、3月~4月ごろに生長が盛んになり、葉が茂ってきます。その時点で、全体の1/3~1/2で切り戻しをすると、切った部分から分枝して、脇芽がでてくるので、きれいな花姿になり、花芽もたくさんできます。

植え替え・鉢替え

ノースポールは、1年草のため、植え替えの必要はありません。

ノースポール
群生している様子が美しいですね。

収穫

ノースポールの種が採取できるのは花が咲き終わってから。咲き終わりはそれぞれに寄りますが、正しく育てれば5月頃に花の見ごろは終わります。その後に花が枯れ同じ場所から種が出来るので採取します。花が枯れた1か月前後が目安と覚えておくと良いでしょう。

増やし方


種で増やします。きれいな株を保つには、終わった花がらをまめに摘み取ることが大事ですが、種を採りたい場合は、終わった花をそのままにしておきます。