Helloween – Straight Out Of Hell を評価する

今回は「Straight Out Of Hell」を評価します。

暗くない

はじめに聴いていて思ったのは「暗くない」ということでした。前作 7 Sinners はダークな曲を寄せ集めたアルバムだったのに対して、今回の作品はそのダークさが感じられません。澱を出し切った残りで今作が作られたのかと思ってしまうほどでした。

「Nabataea」や「World Of War」「Church Breaks Down」などは人間同士の争い事をテーマにした曲ですが、少しも深刻な雰囲気になりません。

聴きやすい

1曲目の「Nabataea」は演奏時間が7分間もあります。時間だけで考えれば少し長い部類に入るはずですが、すごくカッコよくてあっという間に終わってしまいます。 時間つぶしに聴くには最適な曲だと思います。少しも退屈じゃないし、だからといって深刻でもない。

そして2曲目から最終曲(13曲目)まで、ダレることなく、次々と曲が進行していきます。止まらないのです。

アルバムの中には退屈な曲もありますが、そういう曲は演奏時間が短かくなっています。意図的にそういうふうにしたのであれば、驚くべきことです。なんという創作力でしょう。

そうしてあっという間に全曲を聴き終えてしまいます。ボーナストラックを含めて、全曲が聴きやすいのです。また、集中して聴けるのが特徴です。聴いていて眠くならない。

初めてヘヴィ・メタルを聴く人におすすめできる

「Straight Out Of Hell」は暗くないし、退屈でもない、聴きやすいアルバムです。 だから、ヘヴィ・メタルを一度も聴いたことがないという人におすすめできます。もちろん今までHelloweenを聴いて来なかった人にもおすすめできます。

Helloweenらしい曲ばかりですし、「Burning Sun」など過去の名曲と比べても劣らないほどかっこいい曲も含まれています。「Asshole」は単純に面白いですし。

けれど、初心者にとって最適であるがゆえに、このアルバムがダメならそのほかの作品は全てNGとなりうるはずです。

タイトルに対する統一性が低い

良いところばかり述べましたが、気になる(良くない)ところもあります。私が聴いたかぎりの感想ですが、今作は「タイトルに対する統一性が低い」と思えてしまいました。言い換えると、まとまりがないということです。全くないわけではありませんが、足りていないかなと思いました。全曲を聴き終わった後に思ってしまうのです。「で、このアルバムはリスナーにどんなメッセージを伝えたいのだろう?」と。

前作がとてもよくまとまった作品だったからこう思うのかもしれません。7 Sinners は、どの曲もテーマに対する要求が最高レベルでした。もうこれ以上のアルバムはできないかと思ってしまうくらいよくまとまっていたのです。

もしかすると、比較の対象が悪いのかもしれません。さすがに7 Sinners と比べてしまうと、どのアルバムも「タイトルに対する統一性が低い」と言わざるをえないでしょう。

点数をつけると

好きな曲がある・・・「10」
タイトルに対する統一性・・・「3」
聴きやすさ・・・「9」
人にオススメできる・・・「10」
繰り返し聴ける・・・「5」
斬新さ・・・「3」
満足度・・・「4」
アンディーの歌声・・・「8」
ダニーのドラミング・・・「7」
ギターワーク・・・「6」

合計(100点満点)・・・「65」

高得点です。

好きな曲順に並べ替えると

(大好き)
Burning Sun

(好き)
Nabataea
No Eternity[Japanese Edition Bonus Track]
Church Breaks Down
Years

(普通、面白い)
Far From The Stars
Burning Sun (Hammond Version)[Bonus Track]
Another Shot Of Life[Bonus Track]
Live Now!
Straight Out Of Hell
Make Fire Catch The Fly
Asshole

(好きとはいえない)
Waiting For The Thunder
Wanna Be God

(苦手)
Hold Me In Your Arms
World Of War

なかなか面白いアルバムです。ボーナストラックも面白い。というか、Helloweenのアルバムは本編と同じくらいボーナストラックもよく出来ているので、全曲を総合して考えるほどにもっと面白くなるのです。

今作の「No Eternity」についていえば、どうして本編に入らなかったかと不思議で仕方がありません。

Helloween ー Nabataea ー Lyrics 和訳、解説付き

Lyrics

〈 Music & Lyrics : Andi 〉

歌詞を表示する

” Nabataea “

Way back in time was a nation sublime
For they had what it takes to lead a good life
Foemen believed it´s because of some secrets
They brought the fight and it never ended

Hush, don´t cry
Deep in the night come the raiders
Shiver and pray
Petra will fall to the Great

Oh Nabataea
You came so far
Now gone you are
Oh Nabataea
You morning star
Now so afar
Nabataea

People desire and people admire
Some always try to reign with fire
So are the seals, hence the old Nabateans
Have disappeared under the wire

Hush, don´t cry
Deep in the night come the raiders
Shiver and pray
Petra will fall to the Great

Oh Nabataea
You came so far
Now gone you are
Oh Nabataea
You morning star
Now so afar
Nabataea

Petra, you were a shining star
Unique in your time
Petra, 2000 years on we still
Suffer the same crimes
Petra, today we´re trying hard
To reach your paradigm

We say no
To the ultra-extreme
No
To the killers of dreams
No
No!

( guitarsolo : ? )

Children, children have no fear
Soon we all will disappear
Children, children don´t you cry
Make no sound or we will die

Children, children have no fear
Soon we all will disappear
Children, children don´t you cry
Make no sound or we will die

( guitarsolo : sascha )

Once there was a land midst of the chaos
Floating like an island in old blood
People lived in peace, there was no hunger
Though they had no slaves, believe it or not
Once there was a nation without soldiers
Never brought a war to other lands
They lived without king or queen or ruler
Once there was the first democracy

Oh Nabataea
You came so far
Now gone you are
Oh Nabataea
You morning star
Now so afar
Oh Nabataea
Oh Nabataea

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

「ネバテア人よ(Never Tear)」

時間内に戻ることは国家によって決まり事だった
彼らは持っていたため、いい人生を導くために選ばれた何かを
先人は信じた、それは何かの手掛かりだと
彼らは飛行機を買った、それは決して終わらない

おぉ、泣いてはいけない
夜の深いところ、騎士がやってくる
震えと祈り
ペトラは偉大さへと落ちていくだろう

おぉ、泣いてはいけない
あなたは遥か彼方からやって来た
今では行ってしまった
おぉ、泣いてはいけない
あなたは明け方の星
今となっては見えない
おぉ、泣いてはいけない

人びとは望む、人びとは賞賛する
いくらかの人はいつも火器によって統治しようとする
だから予防線がある、だから古えのネバテラ人は
その線の下で失望してきた

おぉ、泣いてはいけない
夜の深いところ、騎士がやってくる
震え、祈る
ペトラは偉大さへと堕ちるだろう

おぉ、泣いてはいけない
あなたは遥か彼方からやって来た
今ではどこかへ行ってしまった
おぉ、泣いてはいけない
あなたは明け方の星
今となっては見えない
おぉ、泣いてはいけない

ペトラ、あなたは輝く星
あなたの時代では独特な
ペトラ、2000年も私たちは
同様の罪を償うために苦しみ続けている
ペトラ、今日も私たちは必死に試みている
あなたの例えに到達するため

私たちは「違う」と言う
究極の激流に対して
違う
夢の人殺しに対して
違う
違う

( guitarsolo : ? )

子供たち、子供たち、怖れるな
私たちはすぐに消えるだろう
子供たち、子供たち、泣いてはいけない
音を立ててはいけない、さもなくば私は死ぬだろう

かつて、混沌の中心に土地があった
浮かんでいる、先人たちの流した血で囲まれた島国みたいに
平和さの中で生きた人々、そこでは飢餓がなかった
彼らは奴隷を持たなかったけれど、それを信じるかどうか
古えには、兵士のいない国家があった
他の土地を略奪するための争い事は決して起らなかった
彼らは王や女王、統治者なしで生きた
はるか昔に、最初の民主主義運動があった

( guitarsolo : sascha? )

かつて、混沌の中心に土地があった
浮かんでいる、先人たちの流した血で囲まれた島国みたいに
平和さの中で生きた人々、そこでは飢餓がなかった
彼らは奴隷を持たなかったけれど、それを信じるかどうか
古えには、兵士のいない国家があった
他の土地を略奪するための争い事は決して起らなかった
彼らは王や女王、統治者なしで生きた
はるか昔に、最初の民主主義運動があった

おぉ、泣いてはいけない
あなたは遥か彼方からやって来た
今ではどこかへ行ってしまった
おぉ、泣いてはいけない
あなたは明け方の星
今となっては見えない
おぉ、泣いてはいけない
おぉ、泣いてはいけない

(↑ この曲が収録されているアルバム、Straight Out Of Hell です。)

解説

解説を表示する

〈 単語について 〉
まず 「Nebataea」という単語について、辞書を引いても単語が見当たりません。ネットで調べても出てきません。ということで、この曲を書いたアンディが作り出した造語だと思います。
発音からして「Never Tear」かと思います。歌詞にも同じ意味を持つフレーズ「Don’t cry」が使用されています。
とはいえ、歌詞には「Nebataeans」という単語も存在します。これは「ネバテア人」と考えるべきです。というのは、前後の文は国家間の争い事に関する内容だからです。(アンディーはこういう小細工をよくする人です。)

また、「Petra」という単語については、辞書に載っていました。場所を意味する単語です。考古学に興味のない人はスルーしても問題ありません。単なる土地の名称です。

概要

国家間の争い事についての歌です。時代は遥か昔。

感想

翻訳するのは難しかったです。まず第一文目から、意味不明でした。おそらく本質を捉えようとすると訳がわからなくなる類の文です。だから深追いせず、思いついたままに訳しました。もっと正しい訳し方があるのなら教えてほしいくらいです。
「Petra」という単語については、専門外の人にとっては難しい単語です。この単語が現れた時点で、この曲を理解するのはかなり難しいと思いました。
メロディーは良いし、歌詞は悪くありません。欠点のない曲だと思います。

(↓ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

Helloween – World Of War – Lyrics(歌詞)- 和訳 – 解説付き

Lyrics

〈 Music & Lyrics : Sascha 〉

歌詞を表示する

” World Of War “

Warfare – the only solution for your stupid problems
Soldiers – marching out for your revolution
Killing and burning, destroying, overturning
You got the license to hate
All the others are cowards
You believe they got no power
stealing what they own

Making all the money with your big guns
Ripping out their heart for a drop of oil

World of war
We know it all is not the grand solution
World of peace
Would give us all an enlightened constitution

Task Force – dirty soul of an american institution
Cold War – military build-up made money for your crown
Killing and burning, destroying, overturning
You lead people into fate
Grab your M-16
Like a war machine
Just make it all yourself

Mothers crying over losing their sons
Ripping out their heart for worthless gold

World of war
We know it all is not the grand solution
World of peace
Would give us all an enlightened constitution

( guitarsolo : sascha )

Persecution, dissolution, execution NO!

World of war
We know it all is not the grand solution
World of peace
Would give us all an enlightened constitution
World of war
We know it all is not the grand solution

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

「戦争の世界」

戦争、あなたの抱えている下らない問題を解決する唯一の方法
兵士、あなたが指導する革命のために行進する
殺し、燃やし、壊し、めちゃくちゃにする
あなたは憎しみの資格を持っている
すべての他人が同胞
あなたは彼らが武力を持っていないことを信じない
彼らの所有物を奪う

あなたは大きな銃を利用してお金を稼ぐ
油の雫のために彼らの心を引き剥す

戦争の世界
私たちはそれが根本的な解決策でないことを知っている
平和の世界は
私たちすべてに法律を作る権利を与えるだろう

会議、アメリカ当局の穢れた魂
冷戦、あなたの王冠のため、お金を作り出す軍隊
殺し、燃やし、壊し、めちゃくちゃにする
あなたは人びとを運命へ導く
M-16 を掴んで
戦争兵器のように
ただそれをあなたのために

戦争の世界
私たちはそれが根本的な解決策でないことを知っている
平和の世界は
私たちすべてに法律を作る権利を与えるだろう

( guitarsolo : sascha )

迫害、不解決の問題、処刑、もう結構!

戦争の世界
私たちはそれが根本的な解決策でないことを知っている
平和の世界は
私たちすべてに法律を作る権利を与えるだろう
戦争の世界
私たちはそれが根本的な解決策でないことを知っている

(↑ この曲が収録されているアルバム、Straight Out Of Hell です。)

解説

解説を表示する

概要

反戦の歌。「M-16」 は冷戦中に西側の諸国(アメリカなど)が多用したとされる拳銃。

感想

サシャの書く歌詞にはロマンティックなものが多いと思いました。戦争はもっと深刻なテーマです。実際には少しも美しいところがないはずです。
逆説的な意味で悪事を描くのは上手い方法ですが、今回の場合は言葉の使い方が軽薄かな、と思いました。

メロディーは好きです。聴きやすい。

(↓ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

Helloween – Live Now! – Lyrics(歌詞)ー 和訳 ー 解説付き

Lyrics

〈 Music & Lyrics : Andi & Sascha 〉

歌詞を表示する

” Live Now! “

There´s somebody made for me
Someone I still don´t see
One I will find tonight
Everything will be alright

Live Now!
Live Now!
Say it loud
Live Now!
Say it loud
Live Now!

Don´t say you´re too scared up high
Life needs no wings to fly
Come out into the light
We can reach the height tonight

Live Now!
Live Now!
Say it loud
Live Now!
Say it loud
Live Now!

( guitarsolo : sascha )

Get up and start to see now
Give it a try and learn how
To leave behind the wasteland
Have no fear, I´m taking your hand

Live Now!
Live Now!
Say it loud
Live Now!
Live Now!
Say it loud
Live Now!

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

「今を生きろ!」

私を作った人がいる
私には見えない人がいる
今夜私が見つけるもの
全て上手くいくだろう

今を生きろ
今を生きろ
そう叫ぶんだ
今を生きろ
そう叫ぶんだ
今を生きろ

自分は高いところへ行くのを恐れていると言ってはいけない
生命にとって飛ぶための翼は必要でない
明らかにしよう、光の中へ行こう
私たちは今夜その高みに到達する

今を生きろ
今を生きろ
そう叫ぶんだ
今を生きろ
そう叫ぶんだ
今を生きろ

( guitarsolo : sascha )

起き上がり、今を見始めるんだ
挑戦し、どうやるかを学ぶんだ
荒廃した土地を置き去りにするために
恐れてはいけない、私はあなたの手を掴んでいる

今を生きろ
今を生きろ
そう叫ぶんだ
今を生きろ
今を生きろ
そう叫ぶんだ
今を生きろ

(↑ この曲が収録されているアルバム、Straight Out Of Hell です。)

解説

解説を表示する

概要

今を生きろ、という作曲者からのメッセージ。ポジティブな歌です。

作詞・作曲者

作曲者はアンディ、サシャとなっています。しかし、あくまでも個人的な意見ですが、この曲はサシャが作詞・作曲したのではないかと思います。というのは、歌詞の内容に冷笑的なところがなく、意味を理解しやすいからです。メロディーについてもサシャが作ったのだと思います。あまりにもありきたりだったためにアンディーが大幅に修正したのでしょう。
それか、レコーディングの合間に2人で作ったのかもしれません。この場合であったとしても、メロディーメーカーはサシャだと思います。

感想

聴きやすいし、歌詞がわかりやすい。そしてシンプル。こういう曲をさらっとアルバムに挿入するのが、現在のHelloween。状態の良好さを物語っているようで、聴いていると凄いなと思ってしまいます。
きっと何もかも考え抜かれているのです。

(↓ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

Helloween – Far From The Stars – Lyrics(歌詞)- 和訳 – 解説付き

Lyrics

〈 Music & Lyrics : Markus 〉

歌詞を表示する

Far From The Stars “

Every time I try to take control I’m getting mad
Things are always different than you want them all to be
I have learned a million times you can just make it bad
Ain’t no way to change these things to what you wanna see

We take control of our whole wide universe
We are pretending we don’t need no helping hand
We try to take control of all our whole wide world
But we will never understand

Far from the stars
There might be a higher being we may not yet see
Far from the stars
A better life could wait for me

Every time I lose control I learn a little more
We are not the ones to regulate or justify
Every time I see the world turns round I understand
We are not the ones to dominate or modify

We take control of our whole wide universe
We are pretending we don’t need no helping hand
We try to take control of all our whole wide world
But we will never understand

Far from the stars
There might be a higher being we may not yet see
Far from the stars
A better life could wait for me

( guitarsolo : sascha?, weikath, twin )

Nobody knows where it begins or where it ends
Time only shows we’re holding nothing in our hands
Wasting our time trying to know the universe
The end of the line is that we can not live without a strong belief

Far from the stars
There might be a higher being we may not yet see
Far from the stars
A better life could wait for me

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

あなたは何百万回も学んだ、あなたはそれを悪化させているだけ
あなたが見たいことを変える方法はない
私たちはこの広い世界全てをコントロールしている
私たちは救いの手などいらない振りをしている
私たちはこの広い世界すべてをコントロールしようとしている
けれど私たちは理解できないだろう

その星から遠く離れたところ
私たちがまだ見ていないものがもっと高いところにあるかもしれない
その星から遠く離れたところ
より良い人生は私を待っている

私が正気を失うときいつも、私はほんの少しだけ学ぶ
私たちはありきたりでもないし、正義でもない
世界中が変わるのを目にするときいつも、私は理解する
私たちは定められた者でもないし、修正されるべき者でもない

私たちはこの広い世界すべてをコントロールしている
私たちは救いの手など必要ない振りをしている
私たちはこの広い世界すべてをコントロールしようとしている
けれど私たちは理解できないだろう

その星から遠く離れたところ
私たちがまだ見ていないものがもっと高いところにあるかもしれない
その星から遠く離れたところ
より良い人生は私を待っている

( guitarsolo : sascha?, weikath, twin )

それがどこで始まるのか、どこで終わるのか、誰も知らない
時間だけが教えてくれる、私たちは自分の手に何も持っていないことを
時間を無駄にし、すべての物事を知ろうとしている
その線の終わりにあるものは強い信仰心なしでは生きていけないという真実

その星から遠く離れたところ
私たちがまだ見ていないものがもっと高いところにあるかもしれない
その星から遠く離れたところ
より良い人生は私を待っている

(↑ この曲が収録されているアルバム、Straight Out Of Hell です。)

解説

解説を表示する

概要

人類について、目指す先にあるものは「良い人生」と歌っています。

感想

メロディーは良いし、歌詞も良い。マーカスはこの曲をきっかけにして、ソングライティングに関してHelloween にとっての最重要人物となった、と思いました。マーカスも、ヴァイカートと同様、ファンがどんな曲を求めているのか分かるのかもしれません。アルバムを聴く前からマーカスがどんな曲を作ったのか気になっていて、この曲を聴いてすごく感動してしまいました。
これからHelloween を聴き始める人はマーカスの曲を目当てにしてアルバムを購入していくのかな、と思います。

(↓ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

Helloween – Burning Sun – Lyrics(歌詞)ー 和訳 ー 解説付き

Lyrics

〈 Music & Lyrics : Weikath 〉

歌詞を表示する

” Burning Sun “

He shows disdain for all this world
Dreams of spaceships, to raise him high
What’s in his head’s made of fantasies
Celestial bodies, all kinda stars

In a different time he’d fly, leave his pretty life behind
Pass all planets, make his way through our galaxy – and

Gape in awe at the burning sun
A tangled mesh, insane, divine
Near infinite mighty source
Of a day not bound to end

Spends his days on a cloud it seems
Go and nudge him, ask what it’s like
He’d smile and turn, as if tantalized
Concealing something, ain’t there for real

His illusions make him see his wildest dreams come true
Quite the helmsman, his hands clenched on some steering wheel and

Gape in awe at the burning sun
A tangled mesh, insane, divine
Near infinite mighty source
Of a day not bound to end

( guitarsolo : twin, weikath )

Gape in awe at the burning sun
A tangled mesh, insane, divine
Near infinite mighty source
Of a day not bound to end

Gape in awe at the burning sun
A tangled mesh, insane, divine
Near infinite mighty source
Of a day not bound
A day not bound
A day not bound to end

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

「灼熱の太陽」

彼はこの世界すべてを嘲ている
宇宙船の夢、彼を高みに上昇させる
空想で一杯の頭脳の中には何がある
聖なる肉体、全種類の星たち

異る時間に、彼は飛んだ、自分の肉体を置き去りにして
全ての惑星を通過し、自分のやり方で銀河を通り抜けた、そして

燃え上がる太陽の偉大さに呆然とする
複雑に絡み合うネット、狂気、信者
無限大に近い巨大な源
終わりに拘束されない全日

彼はずっと曇の上で過ごしているようにに見える
行って、礼儀正しく触れ、何が好きなのか聞くんだ
彼は微笑み、振り返った、まるで何かを切望しているかのよう
何かを隠している、現実では考えられないもの

燃え上がる太陽の偉大さに呆然とする
複雑に絡み合うネット、狂気、信者
無限大に近い巨大な源
終わりに拘束されない全日

( guitarsolo : twin, weikath )

燃え上がる太陽の偉大さに呆然とする
複雑に絡み合うネット、狂気、信者
無限大に近い巨大な源
終わりに拘束されない全日

燃え上がる太陽の偉大さに呆然とする
複雑に絡み合うネット、狂気、信者
無限大に近い巨大な源
終わりに拘束されない全日
拘束されない全日
終わりに拘束されない全日

(↑ この曲が収録されているアルバム、Straight Out Of Hell です。)

解説

解説を表示する

概要

太陽についての印象を表した歌。以前から自分が抱いているイメージと歌詞が合わさり、宇宙や太陽に対して感動してしまいます。

アンディのボーカル

アンディーの歌い方が、ジューダスプリーストの曲「Pain Killer」を歌うロブ・ハルフォードに似ているのが気になりました。
アンディーが様々な歌声を使い分けられる人というのはよく知られている事実です。なのでこの曲でいつもと違った歌い方をしたことについては、それほど大したことではないのかもしれません。
しかしロブ・ハルフォードの歌声に似ていると気付いた時にはさすがに驚いてしまいました。ヘヴィ・メタルのボーカリストとして天才的なのです。

メロディー

はじめは耳に聴き慣れず、イントロからサビに入るところまでがイマイチだと感じました。ブルータルなのは苦手なのです。
しかし、メロディー自体がブルータルなわけではありません。あくまで歌唱方法のみがブルータルなのです。
何度も聴くうちに素晴らしい曲へと変化しました。傑作です。

(↓ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

Helloween – Waiting For The Thunder – Lyrics(歌詞)ー 和訳 ー 解説付き

Lyrics

〈 Music & Lyrics : Andi 〉

歌詞を表示する

” Waiting For The Thunder “

Sometimes I’m tough and bold
Just sometimes I am frightened
Sometimes I’m dull and cold
But sometimes so enlightened
I made some old mistakes but still did what I wanted
Sometimes the right you turned into wrong
I did it again
I don ́t give a damn

Here I am
Waiting for the thunder
Waiting for the pain
Waiting for the rain you’re bringing
Here I go
Waiting for the thunder
I am not a saint
Put on your war paint
And kill me

Sometimes I have to leave
Knowing sometimes I got stranded
Sometimes I want to fight
Though many times I was branded
Whatever life may bring I just try to keep my head up
Sometimes you have no choice but to kill
A man as I am
I don’t give a damn

Here I am
Waiting for the thunder
Waiting for the pain
Waiting for the rain you’re bringing
Here I go
Waiting for the thunder
I am not a saint
Put on your war paint
And kill me, And kill me, And kill me
Come and kill me
Come and kill me right now

( guitarsolo : ? )

Here I am
Waiting for the thunder
Waiting for the fate
I am not afraid to face you
Here I go
Waiting for the thunder
Waiting for the flame
Play your lousy game and kill me
And kill me…

Here I am
Waiting for the thunder
Waiting for the pain
Waiting for the rain you ́re bringing
Here I go
Waiting for the thunder
I am not a saint
Put on your war paint
And kill me

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

「天からの合図」

時々、私は我慢強くもなるし、大胆にもなる
ただ時々、私は怯える
時々、私は落ち込むし、冷酷にもなる
けれど時々、自信に満ち溢れる
私は過去に何度か間違いをしてしまったが、やりたかったことをやったまで
たまの、あなたを誤りへと導く光
もう一度私はそれをやった
私は悪いことをしていない

私はここにいる
雷を待っている
痛みを待っている
あなたが運んでくる雨を待っている
私はここにいる
雷を待っている
私は聖人じゃない
戦争を描くんだ
そして私を殺してください

時々、私は離れなければならない
時々は自分が浜辺に辿り着くのを知っている
時々、私は戦いたくなる
何度も私は混じり合ったけれど
命がどうなろうと、私は頭を上げて頑張り続けるだけ
時々、あなたは選択の余地なく殺さなければならない
私自信のような人間
私は悪いことをしていない

私はここにいる
雷を待っている
痛みを待っている
あなたが運んでくる雨を待っている
私はここにいる
雷を待っている
私は聖人じゃない
戦争を描くんだ
そして私を殺してください、そして私を殺してください、そして私を殺してください
ここへ来て、私を殺してください
ここへ来て、私を殺してください、今すぐ

( guitarsolo : ? )

私はここにいる
雷を待っている
運命を待っている
私はあなたとの対面を恐れていない
さぁ、行こう
雷を待っている
炎を待っている
あなたの腐りきったゲームをプレイし、私を殺してください
そして私を殺してください

私はここにいる
雷を待っている
痛みを待っている
あなたが運んでくる雨を待っている
私はここにいる
雷を待っている
私は聖人じゃない
戦争を描くんだ
そして私を殺してください

(↑ この曲が収録されているアルバム、Straight Out Of Hell です。)

解説

解説を表示する

概要

歌詞中で Thunder を連想させるのはサビの部分だけです。

もしかすると、(おそらく考え過ぎなのですが、)サビで歌われている、Waiting for the Thunder というフレーズは「Thunder という単語を待つ」という意味で用いられているのかもしれません。そう考えると、よく出来ています。

感想

メロディーは普通です。いいえ、むしろ、退屈といってもいいほどです。
けれど、〈 歌詞 〉で書いたように「Waiting for the Thunder」というタイトルについて、「Thunder」という単語を「待つ」という意味で言葉が用いられているのだとしたら、すごく面白い。

(↓ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

Helloween – Hold Me In Your Arms – Lyrics(歌詞)ー 和訳 ー 解説付き

Lyrics

〈 Music & Lyrics : Sascha 〉

歌詞を表示する

Hold Me In Your Arms “

I need your guardian hand to guide
Me through the sand of time
Then I know, I’ll be alright
Like a child that never cries

I’m aware of all your rules
But you know that I will run
No matter where I’ll follow you
Don’t make me go

Take me, take me
Hold me in your arms
Save me, save me
All I need is your love

Maybe you will leave the light on
While I walk into your dream
I can’t remember where you came from
(See) the breadcrumbs in the snow

I’m aware of all your rules
But you know that I will run
No matter where I’ll follow you
Don’t make me go

Take me, take me
Hold me in your arms
Save me, save me
All I need is your love

Take me, take me
Hold me in your arms
Save me, save me
All I need is your love

( guitarsolo : sascha? )

Take me, take me
Hold me in your arms (hold me in your arms)
Save me, save me
All I need is your love (all I need is your love)

Wake me, wake me
Hold me in your arms
Don’t break me, don’t break me
I just need a place in your heart

Take me, take me (please take me)
Hold me in your arms (hold me in your arms)
Save me, save me
All I need is your love

I need your guardian hand, my bride
‘Til the end of my whole life

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

「お赦し下さい」

私は「時の砂漠」を通り抜けるためにあなたの守り手を必要としています
そして私は知っています、私は大丈夫
泣かない子どものよう

私はあなたの作ったルール全てに気付いています
けれどあなたは私が走り出すのを知っている
どんな場所であろうと、私があなたの跡を追う
私を行かせないで

私の手を取って、私の手をとって
あなたの腕で私を抱いてください
私をお救い下さい、私をお救い下さい
私に必要なのはあなたの愛だけです

おそらくあなたはその光を照らすでしょう
私があなたの夢の中で歩いている最中
私はあなたがどこからやってきたのか覚えられない
雪の中にあるパンのカケラ

私はあなたの作ったルール全てに気付いています
けれどあなたは私が走り出すのを知っている
どんな場所であろうと、私があなたの跡を追う
私を行かせないで

私の手を取って、私の手をとって
あなたの腕で私を抱いてください
私をお救い下さい、私をお救い下さい
私に必要なのはあなたの愛だけです

私の手を取って、私の手をとって
あなたの腕で私を抱いてください
私をお救い下さい、私をお救い下さい
私に必要なのはあなたの愛だけです

( guitarsolo : sascha? )

私の手を取って、私の手をとって
あなたの腕で私を抱いてください
私をお救い下さい、私をお救い下さい
私に必要なのはあなたの愛だけです

私を目覚めさせてください、私を目覚めさせてください
あなたの腕で私を抱いてください
私を壊さないでください、私を壊さないでください
私はただ居場所が必要なのです、あなたの心の中で

私の手を取って、私の手をとって
あなたの腕で私を抱いてください
私をお救い下さい、私をお救い下さい
私に必要なのはあなたの愛だけです

私はあなたの守り手が必要です、愛しの人
私の人生が終わるまで

(↑ この曲が収録されているアルバム、Straight Out Of Hell です。)

解説

解説を表示する

概要

祈りの歌です。「God」という単語が使われていませんので、宗教的な性質は感じられません。人生のパートナーと呼べる人に対するメッセージかもしれません。

感想

サシャが作った曲にしては珍しくテンポがゆっくりです。ピアノの音が心を和ませてくれます。

否定的な意見を書くと、アンディはこの曲において、歌詞をリスナーに語りかけるように歌っていますので、少し間違えて解釈すれば、気色悪いセリフが連続してささやかれている曲であると批評される可能性を含んだ曲であるともいえます。なので、受け入れられない人にとっては「?」な内容かもしれません。

しかしながら、サシャの性格を考えれば、一生懸命に作詞していて、このような歌詞が出来上がったとしても不思議ではありません。ロマンチストなのです。

(↓ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)

Helloween – Wanna Be God – Lyrics(歌詞)ー 和訳 ー 解説付き

Lyrics

〈 Music & Lyrics : Andi 〉

歌詞を表示する

” Wanna Be God “

He’s a man looking down on the people
He’s a prick you got to really call evil
Cannot be stopped, you cannot change his mind
Shots have been lethal
What he eyes is just there for the taking
What he takes will soon be forsaken
He is rich so he’ll never die
If money can buy
He says

I don’t wanna be an angel
I Wanna Be God
Mine the key to hell and heaven
I Wanna Be God
He said – I Wanna Be God

When a man is just out for the power
All his life, every day, every hour
He should be in the psychiatry
Brainthick and sour
It’s a ghost living just for the money
It’s a cripple with a heart of a munny
In a game for eternal fame
A contagious fever
He says

I don’t wanna be an angel
I Wanna Be God
Mine the key to hell and heaven
I Wanna Be God
He says – I Wanna Be God
He said – I Wanna Be God

和訳

和訳を表示する

翻訳者:MIZ

「出家」

彼は人々を見下ろす人物
彼はあなたに悪事を働くよう呼びかける
止まれない、あなたは彼の考えを変えられない
最終兵器とされる一発
彼の見るものは狩られる対象
彼が狩るものは必ず救われる
彼は裕福で、永遠に死なない
もし買うお金があっても
彼は言うだろう

私は天使になりたくない
私は神になりたい
私が持っている天国と地獄に通じる鍵
私は神になりたい
彼は言った、私は神になりたい

力を欲している人物がいるとき
彼の人生はすべて、毎日、いつも
彼は瞑想の中にいるべきだろう
頑固でしみったれた
お金のためだけに生きている幽霊さ
人間の心を掴む
永遠の名声を求めるゲームの中で
止まない熱狂
彼は言う

私は天使になりたくない
私は神になりたい
私が持っている天国と地獄に通じる鍵
私は神になりたい
彼は言った、私は神になりたい
彼は言った、私は神になりたい

(↑ この曲が収録されているアルバム、Straight Out Of Hell です。)

解説

解説を表示する

歌詞

狂人といえる人物が主人公です。お金や権力を持っていたとしても、彼は「(そんなものはどうでもいいから)神になりたい」と言います。

翻訳しにくかった部分

初めの部分です。

He’s a prick you got to really call evil
(彼はあなたに悪事を働くよう呼びかける)←私の翻訳

訳したものの自信はありません。まず「prick」という単語の意味をどう解釈するべきかがわかりませんでした。辞書によると「鋭いもので貫通させる」という意味を持つ単語です。他にも様々な意味を含むような単語です。「Master of the Rings」の「Secret Alibi」でも使われています。
そうしてこれを人に充てはめて考えるとなると、どんなニュアンスになるのか、どうしても想像できませんでした。

しかしながら「突っ突く」という意味で捉え、「働き掛ける」と解釈しました。

あるいは「He’s a prick」「 You got to really call evil」とで文を分けて考えるべきなのかもしれません。そうすると、解釈しやすくなります。(「彼は悪魔」「あなたは悪魔を呼び出した」と訳すことになります。)

とても難しいところです。

感想

アンディが作詞・作曲した作品です。イントロから終わりまで、曲全体が堂々としていてカッコイイ。ロールプレイングゲームで使われそうなメロディーです。

ただ、歌詞の内容は常軌を逸しています。どうして主人公が「神になりたい」と思うに至ったのかがわからず、その他の様々な箇所を解釈するのに困ってしまいます。

もう少し説明が欲しいと思いました。

(↓ 別のアルバムですが、持っていない人は、要チェック。)