「老後資金2000万円あれば十分」論の妥当性

2019.7.26

こんにちは、MIZ です。いつもお疲れさまです。

今日は晴れています。夏らしく空は青く、日差しによる熱気が外の世界を満たしています。これからお盆過ぎまで暑い日が続き、それからは涼しくなっていくのかな、と思います。今年の夏はそれほど熱くありません。

将来のことは分からないものですけれど、ほんの少し先の未来や、四季の移ろいによる気温の変化などはなんとなく予想できるものです。身近な例でいうと、明日の夜の天気はわかりませんが、これから5時間後の空模様は大体わかります。雨が降りそうなら、雨具を持っていけばいいし、降りそうにないなら手ぶらで自宅を出ればいい。これが私たちの日常です。

それで、天気については、予想する時点が先になるほど言い当てるのが難しくなります。

では、資産運用についてはどうでしょう。

明日に必要なお金は、大体の人が予想できるはずです。これができない人はまず、いないと思います。それでは1年後の今日という日についてはどうでしょう。あらかじめ「いくら」と決めておかないかぎり、誰もが不可能です。

私がいいたいのは、未来のことを予測するのは、基本的に困難だということです。

で、世間でよく言われる「老後の資金はいくら必要か?」という疑問なのですが、ニュースのコラムなどでは、65歳を過ぎた時点で2000万円くらいあればまぁ十分だという説を見かけることがあります。先のことがわからなければ、人間は不安になるものです。だから知りたくなります。老後資金はいくら用意すればよいのだろうか、と。

率直に言うと、人それぞれライフスタイルというものがあるだろうし、家族構成も違うので、老後までに〇〇〇〇万円用意すれば十分なのか、という疑問に対する答えは、人それぞれだと思います。50万円あれば十分、という人もいるだろうし、2000万円以上用意しなければいけない人もいるでしょう。

といっても、どんなに現金を溜め込んだところで詐欺に遭う可能性はあるものですし、そういうのに巻き込まれたら例えどれだけ現金を持っていたとしてもすぐになくなってしまうものです。また、お金を溜め込んでいる最中に病気にかかり、計画が頓挫することもあるでしょう。不安要素はいくらでもあります。そもそもが遠い将来についての考えごとですので。

だから、老後資金2000万円というのは、大勢の人については当てはまらず、そこを目標に貯蓄計画を立てたとしても上手くいかない人がほとんどだと思います。また、お金を持ちすぎると資産目当てで配偶者から離婚を要求されることもありますので、どう転んだとしても将来の不安は消えないものだという認識を持っておいた方がいいと思います。

2000万円あれば大丈夫? そんなわけないじゃん。

老後資金について考えるときに、考慮するべき事項をまとめると、次のようになります。

    • 人それぞれ生活に必要な金額が異る
    • 家族構成が異なる
    • 資金を貯めている最中に病気に罹るかもしれない
    • 現金を貯めすぎると逆に危ない
    • 詐欺にあったら、大金がパーになる
    • 大金を持つと、配偶者から離婚を要求される可能性が高まる

先程もいいましたが、不安要素なら、まだまだあるでしょう。無限にある、といってもよいはずです。

というか、そもそもな話。ある程度まとまった資産を所有し続けるには、それなりの知能が必要です。知能が低いにも関わらず結構なお金を持っていると、そのお金の所有者はお金に振り回されることになります。老後の不安が別の不安をも生じさせる結果となり、どこかで事故が起きるでしょう。

所詮、「2000万円」という数字は、労働階級の人が望む金額に過ぎません。2000万円あったらどんなにいいだろうな、と思う人がそれだけ多いから、この数字がニュースのテーマとして採用されているのです。2000万円・・・。私だって欲しいくらいです。そんな大金があったらどんなにいいことだろうと、つい思ってしまいます。

ですが実際、生きていくために大金は必要ありません。

異論がある人はもちろんいるでしょう。

いいや、生きていくためには、お金はあればあるほどいい! 世の中、カネ、カネ、カネ! お金があれば、何だって買える! 愛だって、人の命だって、お金で買える! 老後の不安を拭い去ることだって、出来る!

↑ の意見は、正しいといえるでしょう。ただし条件付きです。それだけのお金をコントロールできる知能があって初めて成立する論理だと、私は思います。

私は、生きていくためにはお金は大してかからないと思っていますので、死ぬためにもそれほどお金はかからないという意見です。

老後の資金がどうしても計算したいという方は、とりあえず、自分の葬儀にかかる代金を算出してみてはいかがでしょうか? お墓代も含めて考えてみてください。本当のところ、老後に必要な資金なんてその程度のものだと思います。

以上、MIZ でした。

〈 関連記事 〉

    None Found

コメントする

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。