160km/時の速球を見に行く暇人の目的はエロ

2019.7.25

こんにちは、MIZ です。いつもお疲れさまです。

今年の夏は涼しいですね。7月も終わりだというのに、30℃を超える日が少ないのです。暇な時は、一日中自宅にいることが多いMIZ にとっては、エアコンの稼働時間が少なくて済むので、やさしいお天気です。電気代がほとんどかからない。

昨年の7月は、トータルで2100円くらいだったかと思います。今年もそのレベルでしょう。

とはいえ、電気代が数100円、あるいは数1000円安くなったからといって、生活が楽になるというわけではありません。実際のところは、何も変わっていないのと同じです。なんとなく儲かったような気分になって、それで終わりです。

さて、夏といえば、高校野球が話題になる時期です。さまざまなスポーツがある中で、なぜか野球ばかりがニュースなどで注目されます。そういったことを含めて見ていくと、おもしろいですね。

ところで、MIZ はテレビを持っていません。なので、高校球児たちの汗を流す映像をテレビ画面を通して見ることはありません。10年以上この状態が続いていると思います。見るのは結果だけです。誰が話題になっているのか、何が注目されているのかを見るのです。

昨年は、大阪桐蔭の根尾くんが話題になりました。甲子園で活躍後、順調にプロ入りし、現在は中日ドラゴンズに在籍しています。オープン戦前に肉離れを起こし、1軍とは縁が遠くなりました。スポーツ選手にしては珍しく、読書家らしく、「大人な」キャラクターとしてメディアで報じられていました。

そして、今年は、佐々木くんです。まだ地区予選の段階ですが、盛り上がっています。佐々木くんは、なんと、160kmの速球を投げるというのです。喜多村コウですね。きっと影には、美少女がいるのでしょう。青春やねぇ・・・。

それで、メディアが盛り上がっていますので、暇な人は一目見ようと球場へ向かいます。たかが高校野球だというのに、会場は一杯だそうです。そんなもんですよ。私だって岩手まで見に行きたいくらいです。

といっても、私はそれほど野球に興味があるわけではありません。高い交通費を支払ってまで、球場へ向かうわけには行きません。(仕事もありますしね。)それに、どうせ行ったところで、観客の多くは高校生です。

ところで、次に述べることは皆さんも同意していただけると思うのですが、はっきりいって、制服を着た高校生ほどおもしろくないものは他にないはずです。手を出したら犯罪なのですからね。お金を出せばそういうことをさせてくれる場所はどこかにあるのですが、野球場はそういうところではありません。出会いを期待して行くような場ではないのです。

私は以前、高校野球の地区予選の会場へ行ったことがあります。その場所にいたのは、高校生やチームのOB、その他関係者のような人ばかり。私たち(友人と行ったのです)は、?な存在でした。

では、なぜ私たちはその球場へ向かったのかというと、単純に、暇だったからです。そのときは、友人同士でいても、何もすることがありませんでした。だから、高校生の姿でも見に行くか、と野球場へ向かったのです。

佐々木くんの姿を見に球場へ足を運んでいる人たちも、動機は同じだと思います。高校生の姿が見たいから。もっといえば、かわいい女子高生、男子学生の姿が見たいからです。目的は、エロ。あわよくば、女子高生とお〇〇こしたい、と決して叶わない夢を見ているのです。

そうだとは思いませんか?

そうではないですか。あぁ、そうですか。

それとも、あなたはこの文章を見て、「キモい」と思いましたか? あぁ、そうですか。そう思うのが普通だと思います。

〈 関連記事 〉

    None Found

コメントする

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。